2014年12月19日金曜日

【ファミレスでリブセーフ】無料キャンペーン実施中!!

ファミレス限定でマカフィーが【ファミレスでリブセーフ】キャンペーンを実施中!!
なんでも、リブセーフが無料でダウンロードできるキャンペーンとのこと。

全国のファミレスチェーンすかいらーくグループのテーブルステッカーを使用したプロモーションで、
マカフィーのリブセーフが無料でダウンロードできるキャンペーンです。

リブセーフはスマホの盗難対策や紛失対策も強化しており、所在地検索はもちろん、万一の盗難時も無くしたスマホのカメラを起動させ写すことができる。

ファミレス限定とはいえ、無料でダウンロードできるので是非試してみたい。





2014年10月29日水曜日

SIMロック来夏解除 総務省が義務化へ

総務省は、契約している携帯電話会社を変更すると同じ端末が使えないようにしている「SIMロック」の解除を、2015年夏に販売するモデルから、携帯電話各社に義務付ける方針を固めた。31日にもSIMロック解除の義務化を盛り込んだ新制度案を公表する見通しだ。



  義務化されれば、携帯電話やスマートフォン(多機能携帯電話)の利用者は、別の携帯会社との契約に乗り換えても、SIMカードを入れ替えるだけで使い慣れ た端末をそのまま使用できる。また、海外でも、同じ端末で割安な現地サービスを利用できる。格安スマホなどを展開するMVNO(仮想移動体通信事業者)の 利用も進むとみられており、競争が進んで通信料金の引き下げにつながることも期待されている。

 SIMロック解除はこれまで一部の端末だけに限られていたうえ、解除には3000円の手数料がかかっていた。総務省の新制度案は意見公募を経て、年内に正式決定される。

 新制度では原則、端末購入後ならいつでも無料でSIMロック解除ができるように義務づける。携帯電話会社が理由もなくSIMロック解除に応じない場合は、電気通信事業法上の業務改善命令の対象とする見通しだ。

 義務化は、携帯電話各社が毎年5月ごろから順次発売している夏モデルから導入される見通し。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」は来秋に発売されるとみられる新機種から対象になりそうだ。

 携帯電話は現在、2年契約を前提に通信料金を割り引き、端末代金を月賦で支払って、毎月の料金を低く抑える手法が一般的。SIMロック解除をして他の携帯会社に乗り換えても、端末代金は乗り換え前の会社に支払う義務が残る。

 ◇SIMロック

 携帯電話は、電話番号など利用者の情報を書き込んだICカード「SIMカード」を端末に入れないと使用できない。NTTドコモなど国内大手3社は端末に ロック機能をつけることで、他社のSIMカードを入れても端末が動かないようにしてきた。他社に乗り換えた場合、それまで使用していた端末は使用できない ため、大手による顧客の囲い込みや通信料金の高止まりを招いているとして総務省の審議会が見直しを提言していた。


失速するiTunesミュージック 焦るアップルの過剰マーケティングにU2のボノもあきれる

アップルの音楽ダウンロードサービスの「iTunes music」が、2014年初頭から13%も売上を落としたことが話題になっている。同サービスは昨年2.1%減少し、すでに下降気味だったが、今年になってこれだけ顕著に減るとは想像以上だったようだ。



  iTunesのサービスが始まったのは2001年1月。もう13年以上前のことだが、同年秋に発売されたポータブルミュジーックプレーヤーのiPodの斬 新さと相まって、これがアップルの革新的イノベーションの始まりとなった。デバイスとインターネットとコンテンツを結びつけ、さらに1曲買いを可能にし て、音楽業界全体を揺るがすほどのインパクトを持っていたからだ。

 アップルと音楽とは、そうした背景もあって分ち難い関係なのに、肝心のiTunes musicが下降していることは、否応にも時代の変遷を思わせる。実は、iTunes musicの売上は、2010年頃から伸び悩んでいた。2012年半ば頃から、iTunesサービスでの売上の最大のものは、音楽ではなくアプリになって いたほどだ。

● 「パンドラ」「スポティファイ」など ストリーミングサービスに押される

 iTunes musicのようなダウンロード型サービスに取って代わっているのは、もちろんストリーミングサービスである。アメリカではスポティファイやパンドラとい うサービスがよく知られており、世界中では50近いサービスがある。現在音楽業界の売上の3分の1近くはストリーミングサービスによるもので、利用も1年 前から50%近くも増加しているという。

 ダウンロード型とストリーミング型のサービスの違いは、まず楽曲を所有するかしないかだ。ダウンロードなら、自分のコレクションとして楽曲を貯め、好きな順番で聴いたり、さまざまなデバイスで家族とシェアして利用したりすることが可能。

 一方ストリーミングは、楽曲を所有せず聴くために利用するサービス。無料と有料のサービスに分かれているのが一般的で、無料サービスでは時折広告が入 る。有料サービスでは、モバイルからデスクトップまで利用できるデバイスが多くなることも特徴だ。ラジオ風にランダムに聴くこともできれば、ジャンルを選 んで設定したり、あるいは好きな曲で自分のプレイリストも作ったりできる。その点は、所有しない楽曲でも、ダウンロード型とほぼ同じように操作できるのだ。


  ただ、大きく異なるのは料金だろう。有料であってもストリーミングサービスの料金は月額10ドル程度が普通で、それで何百万とある楽曲が自由に聴けるのは魅力だ。

 さらに、自分では知らなかった楽曲が、他のユーザーのお勧めによって知ることができる。ストリーミングサービスは、その手のソーシャルネットワークを シームレスに統合していることも特徴だろう。パンドラは、独自の音楽ゲノムプロジェクトによって、ユーザーが好みそうな楽曲を探し出してくるという機能も ある。

● U2の新作をiTunesユーザーに無料配布したが 「勝手に入れるな! 」の苦情が殺到

 こうして、次から次へと新しい音楽を延々と楽しもうという方法は、1曲1曲サーチしてダウンロードするiTunes musicのモデルとは様変わりしているわけだ。その意味で、最近アップルは少々時代遅れな感覚を露出してしまった事件があった。

 U2の新アルバム『Songs of Innocence』をiTunesのユーザーに無料でプレゼントするという大判振る舞いが、裏目に出たのだ。それは、9月初めに開催され、 iPhone6やアップルウォッチなどが発表されたイベントでアピールされた。U2が招かれ、そこで新アルバムが5億人のiTunesユーザーへの「フ リーギフト」として贈られることが伝えられた。

 ところが、その後自分のデバイスに勝手に同アルバムの楽曲がダウンロードされていることに、多数のユーザーが苦情を表明。アップルは結局、アルバムを消去するツールをリリースしなければならなかったほどだ。

 U2のメインボーカリストのボノも、「頼みもしなかったのに、自宅の冷蔵庫の中に勝手にミルクが入っていたようなもの。玄関先に届けるくらいが正しかった」と述べて、同社のここまでの過剰なマーケティングは知らなかったとしている。
 いずれにしても、最近のユーザーはもっと軽快な方法で音楽を楽しみたいと思っている。

 スポティファイによると、同サービスのマルチデバイスのユーザーは毎日146分をいろいろなデバイスで音楽を楽しむために費やしているという。

 よくスタートアップのオフィスに行くと、プログラマーらがヘッドフォンをしてコンピュータに向かっているが、彼らはほぼ1日中こうして音楽を聴いている のだろう。そうした時、ランダムに楽曲が流れてくるよう設定できたり、次々と新鮮な楽曲が選べたりするストリーミングサービスはより好まれるだろうと想像 できる。サービスによっては、オフラインでもある程度の楽曲を聴くことが可能だ。

● ストリーミングへの アップルの反抗策は? 

 しかし、アップルもこのままではない。

 同社は今年5月、ミュージシャンのドクター・ドレらが経営するヘッドフォンとストリーミングサービスの会社、ビーツを30億ドルで買収することを発表した。

 今までは別立てで運営されてきたビーツを、来年iTunesに統合する予定であるという。また、その際、現在月額10ドルの利用料を5ドルにまで値下げすることも検討されているようだ。こうなると、既存のストリーミングサービスとも真正面から競合する。

 スポティファイでは、すでに家族サービス料金を発表し、有料ユーザーの家族は毎月5ドルで加入を可能にしている。家族は5人まで追加できる。かなりお得なプランだ。

 インターネットの音楽サービスは、iTunes musicがバージョン1、ストリーミングサービスがバージョン2とすれば、現在バージョン2.5ほどの地点まで進化を遂げている。バージョン3で何が起こるのか。それを目にするのは、さほど先のことではないだろう。


YouTube責任者、広告なしの有料サービスを検討中と語る

YouTubeは現在、広告収入で成り立っているが、広告を見たくないユーザーのために有料オプションを提供できるかどうか検討している──。米 GoogleでYouTube/動画担当上級副社長を務めるスーザン・ウォジスキ氏は10月27日(現地時間)、米re/codeが主催するカンファレン スCode/Mobileに登壇し、こう語った。




 「広告を表示することによって、誰もがYouTubeで動画を視聴できるわけだが、“広告を見たくない”というユーザーもいる。広告を見るか、視聴する ために料金を払うかを選べるモデルは興味深い。われわれは現在、ユーザーに選択肢を提供する方法を検討している」(ウォジスキ氏)

 同氏はまた、YouTubeの視聴の50%はモバイル端末からであること、視聴時間が毎年50%ずつ長くなっていることなども語った。

 近日中にサブスクリプション制の音楽動画ストリーミングサービスを開始するといううわさについては、「準備中だ」とだけ語った。


2014年10月27日月曜日

ドメイン名「Ebola.com」、2000万円超の高値で売却

エボラウイルスの感染拡大とそれに伴う関心の高まりを受け、ドメイン名「Ebola.com(エボラ・ドットコム)」が、株式と現金合わせて20万ドル(約2160万円)以上で売却された。ドメイン名の売買が、「高リスク高リターン」であることを改めて示した格好だ。


  米ネバダ(Nevada)州に拠点を置くブルーストリング・ベンチャーズ(Blue String Ventures)からドメイン名を購入したロシアのマリフアナ関連企業、「ウィード・グロース・ファンド(Weed Growth Fund、旧社名「オベーション・リサーチ(Ovation Research)」)が20日に提出した有価証券報告書によると、同社は現金5万ドル(約540万円)と保有する別のマリフアナ関連会社、カナビス・サ ティバ(Cannabis Sativa)の株式1万9192株(約1840万円相当)との株式交換により、総額20万ドル以上で「Ebola.com」を購入した。カナビス・サ ティバは主に、医療用マリフアナの利用促進に向けた事業を手掛ける企業。

「Ebola.com」のウェブサイトには、エボラウイルスに関する事実やエボラ出血熱について頻繁に寄せられる質問などが掲載されている。

 ウィード・グロース・ファンドがドメイン名を購入した理由は明らかにされていないが、米ニューメキシコ(New Mexico)州の元知事でカナビス・サティバの最高経営責任者(CEO)であるゲーリー・ジョンソン(Gary Johnson)氏は、マリフアナがエボラ出血熱の治療に有効な可能性があると考えていると公言している。

 一方、自らを「インターネット上で不動産投資やブランディング事業を行う企業」と銘打っているブルーストリング・ベンチャーズは、「アフリカンマン ゴー・ドットコム(Africanmango.com)」、「フクシマ・ドットコム(Fukushima.com)」、「ラズベリーケトン・ドットコム (RaspberryKetones.com)」などのドメイン名も保有している。

ソフトバンクが無料漫画アプリに参入 Jコミとタッグ「ハートコミックス」 “ソシャゲ風”ビジネスモデルで

ソフトバンクグループで新規事業を展開するSBイノベンチャーは10月27日、iPhone向け無料漫画アプリ「ハートコミックス」β版をApp Storeで公開した。Jコミが運営する絶版漫画の無料公開サービス「絶版マンガ図書館」と連携。同サイトで公開されている400作品・1000冊以上の 絶版漫画を無料で読める。



  ハートコミックスは、ソフトバンクグループの新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から生まれたサービス。「ラブひな」「燃える!お兄さん」 「ハイスクール!奇面組」など絶版マンガ図書館の人気漫画をそろえ、分かりやすいユーザーインタフェースとユーザーに合った漫画をすすめる機能、ソーシャ ルゲームに似たビジネスモデルが特徴だ。

 ユーザーが登録した情報(性別・年齢・好み)や行動履歴を基におすすめ漫画を紹介。漫画のレビュー記事も掲載し、読みたい漫画に出合える仕組みを実装した。

 ユーザーは1日当たり「100ハート」をもらい、漫画を1ページ読むごとに1つハートが減る。1日に100ページ以上読みたい場合は有料の「回復ボック ス」(200ハート100円/500ハート200円)を購入。開始当初は200円の回復ボックスを無料で提供する。連続ログイン数に応じてハート回復アイ テムがもらえる「ログインボーナス」も備えた。

 ライトユーザーは完全無料、ヘビーユーザは有料課金でディープに楽しめ、連続ログインで特典がもらえる――まるでソーシャルゲームのようなビジネスモデ ルだ。「ソーシャルゲームと同様、無課金で利用する人が大半だろうが、それでも楽しめるよう設計した」と、企画した同社の杉浦正武さんは説明する。

 収益は、ユーザーが購入する「ハート」からの課金とアプリ内の広告から収益を得る計画。収益の一部を絶版マンガ図書館に還元し、Jコミや作家のマネタイズに貢献する。「コンテンツを提供してくれるみなさんに、もうかる仕組みを用意したい」

●激化する無料漫画アプリ競争に殴り込み

 昨年末から急速に立ち上がった無料漫画アプリ市場。今年に入って競争は激化し、ディー・エヌ・エー(DeNA)の「マンガボックス」や集英社の「ジャンプ+」、NHN PlayArtの「comico」など強豪がひしめいている。

 これらのアプリは配信だけではなくコンテンツ制作も行っているが、ハートコミックスはコンテンツ制作をJコミに任せ、漫画の配信とマネタイズに特化。コンテンツ調達コストをゼロに抑え、レベニューシェアでJコミや作家に還元する。

 無料の漫画アプリは新人の作品や投稿作品を収録しているケースも多いが、ハートコミックスが提供する絶版マンガ図書館の作品は、出版社から単行本が発行された高品質な作品ばかり。「投稿型サイトなどと比べるとクオリティが担保できる」と杉浦さんは言う。

●操作性とリコメンド機能で「絶版マンガ図書館」との違いを

 絶版マンガ図書館の漫画は、絶版マンガ図書館公式Webサイトやアプリを使えば完全無料で読める。ただ、公式サイトやアプリはリテラシーが高いユーザー向けに設計されており、そうでないユーザーには操作が難しかったり、面白い漫画を見つけきれない場合もある。

 ハートコミックスは、初心者にも分かりやすいようユーザーインタフェースを工夫したほか、おすすめ漫画を紹介する機能を備え、Webやアプリの操作が苦手だったり漫画に詳しくなくても自分に合った漫画を簡単に見つけられるよう工夫した。

 ハートコミックスの収録漫画は絶版マンガ図書館の拡大に伴って増やしていくほか、将来は、Webで無料公開されている漫画を収録したり出版社と連携するなど、さまざまな漫画を収録することも検討。まずは10万ダウンロードを目指す。


2014年10月7日火曜日

ダウムカカオがスタート…ネイバー圧倒する「IT恐竜」になるか=韓国


ダウムコミュニケーション(ダウム)とカカオの合併法人であるダウムカカオが公式なスタートを宣言した。

両社の合併は国内情報技術(IT)業界史上で最も大規模なだけに、ネイバーが主導してきた国内インターネット企業地図に大きな変化が予想されている。

前日の終値基準でダウムの時価総額は約2兆1000億ウォンだ。ここにカカオの現在の企業価値を加えればダウムカカオの時価総額は10兆ウォンに達すると 予測される。これは現在のコスダック時価総額1位であるバイオ企業「セルトリオン」(約5兆ウォン)の2倍規模で、ダウムカカオは上場後は一躍コスダック の代表企業になる。

ダウムカカオは今年5月に合併契約に合意して4カ月間、統合法人の設立準備をしてきた。ダウムがカカオを買収合併する形態なので、カカオはこの日から書類上消える。

ダウムカカオはこの日の出帆式に先立ち理事会を開いて法人代表を選任する。ダウムカカオはチェ・セフン前ダウム代表とイ・ソクウ前カカオ共同代表が並んで 統合法人の共同代表をつとめるものと予測されている。彼らは5月の合併契約発表時にも並んで会場に出てきて合併の背景などについて説明した。

ダウムは合併法人のスタートを控えて特化した検索サービスを相次いで出し、カカオは金融・決済・ニュースサービスなどに進出して「生活情報プラットホーム」として進化する動きを見せていた。

日本MS、日本独自の新「オフィス」を17日に発売 年内にもアイパッド向けにも提供


日本マイクロソフト(MS)は1日、日本独自の新しい事務統合ソフト「Office(オフィス)」を17日から発売すると発表した。また、米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」向けにオフィスのアプリを年内にも提供することも発表した。

今回、日本向けに設計されたのは「オフィスプレミアム」と「オフィス365ソロ」。

 オフィスプレミアムが搭載されたPCを購入すると、永続的に最新版のオフィスを無償でダウンロードできる。さらに月60分の無料通話や画像の保存、さまざまなデバイスでオフィスが利用できる「オフィス365」が1年間使える。

 オフィスプレミアムは今後、17日以降に出荷するPCやMSが提供するタブレット型ノートPC「サーフェスプロ3」に搭載される。

 一方、オフィス365ソロはオフィスを搭載していないPCに用意したソフト。PC2台まで利用できる。アップルのPCでもオフィス365のサービスを1年間利用できる。価格は1万1800円(税別)。

 この日の会見には米MSのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が登場。「われわれのサービスをあらゆるデバイスであらゆる人々に使えるようにしたい」と語り、日本向け製品への意気込みを語った。

 日本MSは、最新版オフィスの無償提供や、他社の端末でも同社のソフトやクラウドサービスを使えるようにし、さらに利用率を高めたい考えだ。

次期iPadはどうなる? アップルイベントのウワサまとめ


10月の開催が期待されているアップルのスペシャルイベントでは、新型iPad Air/iPad miniや「OS X Yosemite」が発表される見通しですが、iPhone発売の波に押され、リーク情報はイマイチ存在感が薄め。そこで今回は、これまで国内外で報じら れたウワサをまとめてみました。

まずは第6世代となる新型iPad「iPad Air 2」から。米Bloombergは1日、iPad Air 2の本体カラーに「ゴールド」が加わる可能性を報じました。現在は「スペースグレイ」「シルバー」の2色なので、ゴールドが加わればiPhoneと同じ3 色展開となります。

 また、アップル系情報サイト、MacRumorsによると、開発者のHamza Sood氏が、iOS 8.1のβ版にあるApple Payの設定内で、iPad Air 2がTouch IDを搭載し、Apple Payに対応する旨の記述を見つけたとのこと。iPad Air 2だけなのか、新型iPad miniにも搭載されるかは不明ですが、ついにiPadにも指紋認証センサーのTouch IDが実装されるかもしれません。

 このようにiPad Air 2に関しては大きなリークがなく、A8プロセッサ、Touch ID、ゴールドカラーなどのマイナーアップデートに落ち着きそうです。

 それよりも気になるのは、『新型「iPhone」に続いて、iPadも大型化する?』でもお伝えした大型iPadに関する情報です。アップルは法人向け に、12.9型の「iPad Pro」(仮称)を新たに製品ラインアップに加えるのではないかと各所でささやかれています。あ、そこ「iPad Plus」じゃないんだ。

 米Bloombergが伝えた関係者の話によると、iPad Proが今年中に発売される予定はなく、生産は2015年以降になりそうとのこと。iPhoneやiMacが好調である一方、iPadの売上は2四半期連 続で前年割れしているため、iPad Proの投入で法人市場拡大を図りたいところでしょう。

 そのほかにも、新型iMacはRetinaディスプレイになるとか、待望のHaswell Refresh搭載のMac miniが出るとか、iPad以外のウワサもちらほら。iPadに興味がないユーザーでも、スペシャルイベントは要チェックです。

 肝心のイベント開催日時は、現段階で未定。米Daily Dotは10月21日の見通しだと伝えていますが、アップルの情報に詳しいThe LoopのJim Dalrymple氏は、これを否定しています。

 去年は10月16日にスペシャルイベントの招待状が配られ、10月22日に「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の発表イベントが開かれました。今年も同じようなスケジュールであれば、来週あたり招待状が届くかも?


iPhone6試作機がネット競売に、入札価格1000万円超


米アップル(Apple)から誤って送られてきたとされる新型スマートフォン「iPhone 6」の試作機が、競売サイト「イーベイ(eBay)」に出品され、6日時点での入札価格は1000万円を超えている。

出品者は商品についての説明で「アップルはこうした端末を決して手放したりはしないが、契約更新の際に私のところに誤って送られてきた」「これは本物だ」と主張している。

出品されたのはシルバーの64GBモデルで、出品場所はアップルの本社がある米カリフォルニア(California)州となっている。6日朝までに198回の入札が行われ、価格は9万9800ドル(約1090万円)に達した。

オンラインメディアによると、出品者は米国人の男性。出品されたiPhoneについては、アップルの最新モバイル向け基本ソフト(OS)「iOS 8」ではなく、「スイッチボード(SwitchBoard)」と呼ばれる試験用ソフトウエアの「開発者用モード」で稼働していると説明している。

また商品の説明には、通話やカメラ機能が正常動作する保証はないとの注意書きがあるが、iTunesアカウントに接続すると、iPhoneとして認識されるとある。入札期限は10月9日となっている。


2014年9月4日木曜日

グノシー、500万DL突破 赤字14億円も「想定通り」


スマートフォン 向けのニュース配信アプリ「Gunosy(グノシー)」のダウンロード数が500万を突破したことが分かった。テレビCMなどの効果が上がっているとい う。運営するグノシー社が2日に発表する見込み。5月期決算で約13億円の純損失を計上し、ネットの一部では「運転資金が近く底をつくのでは」などの声が 相次いだが、同社幹部は取材に対し「全く問題ない」と話した。
(朝日新聞デジタル編集部 古田大輔)
テレビ広告攻勢で500万DLを突破
今年3月時点でダウンロード(DL)数は累計180万だったが、その後の半年で500万DL超に達した。
グノシーによると、この急成長の原動力となったのが、テレビCMだ。同社の最高財務責任者(CFO)、伊藤光茂氏は「細かい数字は言えないが、販売管理費のほとんどを広告に使った」と説明する。

同社の5月期の販管費は16億3千万円。このうち人件費やオフィス家賃が占めるのは月に2千万円程度という。広告費としては3月から始めたテレビCMに12億円、ウェブ向けに3億円ほどを投じたと見られる。

大幅な赤字となった原因はテレビCMなどを集中投下したためであり、想定内という。「広告はユーザー獲得のための投資。そこからのリターン、つまりユーザー当たりの広告収益(グノシーがアプリ内で展開する広告)が上がるまでにはタイムラグがある」(伊藤氏)。

同社は5月にKDDIと12億円の資金調達契約を結んだが、実際の出資は6月にかけて行われたため、5月期決算に反映されているのは4億円にとどまるという。残る8億円は今期の流動資産に計上されており、当面の運転資金が枯渇する心配はないという。
5月期決算の大幅赤字を不安視する声がネットの一部で相次いだことについて、伊藤氏は「うちは戦略通りに進めているが、そういう声が出るだろうと予想していた」と話した。
「広告収益は月に数億円」を実現
では、売り上げの柱になっている広告収益はどうか。
伊藤氏によると、グノシーは昨年11月から広告事業を始め、今年1月時点で売り上げは月額2千万円程度だった。春ごろから急増し、5月期決算の売上高は3億6千万円になったという。

7月中旬に同社を率いる木村新司共同最高経営責任者(CEO、当時)にインタビューした際は「売り上げは月に数億円規模」と話していた。決算期末の5月ごろには月商2億円程度まで伸びていた模様だ。

伊藤氏は「毎月の売り上げから固定費2千万円を除いた分で、広告宣伝費は十分捻出できる」「資金を追加調達する計画は今のところない」と話した。今後も国内でのユーザー獲得と海外進出を続けるという。

アップルの「iWatch」、発売は2015年の見込み

Appleの「iWatch」については、もう少し長く待たなければならないかもしれない。

 Re/codeは米国時間8月29日、長く待ち望まれている同ウェアラブル機器は「近いうちには出荷されない」と報じた。Re/codeは匿名情報筋ら の話として、同製品の発売は2015年初頭になる見込みだと述べた。つまり、最も販売が期待できるクリスマスシーズンをAppleは逃すことになる。

 また、同製品の発表から販売開始までにかなりの間が開くことにもなる。Appleは同製品を、9月9日に「iPhone 6」とともに発表するとみられている。しかし、Appleが新製品を出荷のかなり前に発表するのは初めてのことではない。初代「iPhone」は2007 年1月に発表されたが、同年6月まで出荷されなかった。また、2010年1月に発表された初代「iPad」が発売されたのは同年4月だった。

 Appleはコメントを避けた。

 Re/codeは先週、Appleが9月に最新型iPhoneの発表と同時にウェアラブル機器を披露する見込みだと報じたことに端を発して、報道が過熱 している。Appleは28日、9月9日のイベントへの招待状を送付した。iPhone 6が発表されると広く予測されているが、招待状には「もっとお話しできればよいのだが」と記されているだけで、詳細にはほとんど触れられていない。

<ドラゴンクエスト>PS4でアクションRPGに 「無双」チームが開発


スクウェア・エ ニックスの人気RPG「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(PS4・PS3)が2015年春に発売されることが1日、明らかになった。「100万の軍勢を迎え撃て」がキャッチフレーズのアク ションRPGで、「三国無双」「ワンピース海賊無双」などを制作したコーエーテクモゲームスの開発チーム「オメガフォース」が手掛ける。
 プレイステーション陣営でドラゴンクエストの関連シリーズが発売されるのは06年の「ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン」(PS2)、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル」(PSP)以来約9年ぶりとなる。同日に開かれたソニー・コンピュータエンタテインメントの発表会では、プロモーション映 像が流され、“生みの親”の堀井雄二さんとコーエーテクモゲームスの襟川陽一社長が登場し「気持ちがいいゲーム」とアピールした。
またメタルスライムがデザインされた特製のPS4本体「メタルスライムエディション」も発売される予定。

バンダイ子会社が世界最小のラジコンヘリ発売へ 総全長6センチ切る


バンダイの100%子会社、シー・シー・ピー(C.C.P、東京都台東区)は2日、昨年6月に発売した世界最小サイズのラジコンヘリコプターを、さらに小型化した「ピコファルコン」を12月5日に発売すると発表した。

 機体長さが46ミリ、前後のプロペラを含む総全長が59ミリと、従来モデルから約30%小型化した。赤外線コントロール方式で、高性能ジャイロセンサー と二重反転機構によって安定した飛行を可能にしている。現在、世界最小記録更新を申請している。
 価格は4838円。販売開始から来年の3月末までの4カ月間で5万個の販売を目指す。        

YouTubeの「視聴者ファンディング」、日本でスタート

米Google傘下のYouTubeが、6月に予告していたクリエイターへの“投げ銭”機能「視聴者ファンディング」を日本を含む4カ国でスタートした。米Android Policeが9月1日(現地時間)に報じた。

 GoogleのYouTubeのヘルプセンターによると、現在は日本、米国、オーストラリア、メキシコで利用できる。

 クリエイターが視聴者ファンディングを有効にしている場合、動画の端にハートマーク付きコインを模したアイコンが表示される。これをクリックすると表示されるカードの指示に従って操作することで任意の金額を支払える。決済にはGoogleウォレットを使用する。

 視聴者ファンディングを受けるには、クリエイターは以下の条件を満たす必要がある。

・アカウントが良好な状態である
・YouTube パートナーシップの一般的な条件を満たしている
・電話でアカウントの確認が済んでいる
・YouTube アカウントに承認済みのAdSenseアカウントが関連付けられている
・特定のネットワーク内で使っている場合は、その中で視聴者ファンディングが有効にされている

 視聴者ファンディングを有効にする方法はこちらを参照のこと。

 視聴者からの寄付の一部はYouTubeが手数料として徴収する。日本の場合は1回の寄付に当たり、22円+5%をYouTubeが徴収する。例えば100円寄付すると27円の手数料が掛かり、クリエイターが受け取るのは73円になる。

ZOZOTOWNの「送料全品無料」が終了 2999円以下の買い物は送料必要に

ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは10月1日から、ZOZOTOWNの商品配送料を見直す。これまで、購入金額に関わらず無料としていたが、2999円以下の注文には350円の送料がかかるようになる。

 ZOZOTOWNは2012年11月1日から送料を完全無料化。それ以前は、1万円以上購入した場合のみ無料だった。

 また同日から、有料(500円)だった即日配送の手数料を無料化。対象エリアは現在、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(離島を除く)だが、今後は関西を中心に順次エリアを拡大する。

写真流出で米アップルが声明、「システムに欠陥なし」

インターネット上に米オスカー女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)さんら多数の芸能人のヌード写真が流出した問題で、米アップル(Apple)は2日、声明を発表し、一連の流出は特定の芸能人のパス ワードやユーザーネームを狙った攻撃が原因であり、自社のクラウドサービス「iCloud」のシステムの不具合によるものはなかったと発表した。

アップルは声明で「40時間以上にわたる調査の結果、ユーザーネームやパスワード、セキュリティー質問を狙った攻撃によって、特定の著名人のアカウントが 不正にアクセスされたことが分かりました。これは、インターネット上では非常に一般的になっている行為です」と発表。「当社が調査した事例はいずれも、 『iCloud』や『iPhoneを探す』を含むアップルのシステムの欠陥が原因ではありませんでした。当社は、この問題に関与した犯罪者を特定するた め、法執行機関との協力を継続していきます」と述べている。

 アップルは、簡単に推測できるパスワードや、アップルを装って個人情報をだまし取る「フィッシング」と呼ばれる手口により、芸能人らのアカウントが不正にアクセスされた可能性があると示唆している。

 この問題では、米連邦捜査局(FBI)も捜査を開始したことを認めている。

ACゲーム『プリパラ』ユーザーが50万人突破…一方で、高速連打機使用者に対する苦情も

タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発してリリースした、アーケード向けトレーディングカードゲーム『プリパラ』のユーザー数が50万人を突破しました。

2014年7月10日より稼働を開始した『プリパラ』は、自分だけのアイドルチームを作ってライブの成功を目指すリズムゲーム。可愛いコーデを満喫しかり、フォトチケ撮影ができたりと、ゲーム性以外の楽しみも数多く用意されており、女子小学生を中心に人気を博しています。

TVアニメも好評放映中の『プリパラ』ですが、このたび本作のユーザー数が50万人を突破したと発表。正式サービス開始から数えて、2ヶ月足らずで達成し た形となります。この反響を受け、アイドルデビューを応援する新ボーナス「せんぱい・こうはいボーナス」が追加されました。

【クマ】みんなのおかげでプリパラに50万人以上のアイドルがデビューしたクマ!これを記念して、「せんぱい・こうはいボーナス」を追加したクマー!デ ビューしたてのアイドル達とも、どんどんトモチケを交換して楽しんでほしいクマ!#pripara http://t.co/Eg728G1Cos 【公式】プリパラなつぶやき (@T_ARTS_PRETTY) 2014, 9月 2
自分が研究生クラスの時、自分より高いクラスのトモチケを2枚スキャンすると「400いいね」が手に入ります。また、自分がデビュークラス以上の時、研究 生クラスのトモチケを2枚スキャンすると「600いいね」がもらえます。上級者から初心者まで嬉しいこのボーナス、活用できる人は積極的にトモチケを集め てみましょう。

数多くのユーザーに広まっている『プリパラ』ですが、しかし一部利用者のマナーに関しての問題も上がっています。本作のリズムゲーム中に、多く連打するほ どスコアに反映される「サイリウムチェンジ」がありますが、このシーンで高速連打機や高速振動する電気マッサージなどの器具を使用してプレイするユーザー の存在が報告されています。

こういった機械の使用は筐体への負担をかける行為となるため、公式サイトでも注意を呼びかけています。そして、「このような機械の使用により、筐体が故障 した場合は、修理にかかる費用をご負担頂く場合もございます」とも述べており、機器利用者に対する使用中止を求める姿勢を示しました。また、こういった行 為に対する不満の声がツイッター上などで数多く見受けられ、マナーを守って遊ぶユーザーが困惑している様子も窺えます。

筐体へのダメージも無論ですが、不適切な手段でスコアを稼ぐという行為そのものも、マナーを守って遊んでいるユーザーにとって迷惑極まりません。不適切な機器の利用者がいなくなることを願うばかりです。

「iPhone 6」、サファイアガラス製画面の採用は64Gバイトモデル限定か

広くうわさされているサファイアガラス製画面はやはり、「iPhone 6」に採用される可能性が出てきた。ただし、それは64Gバイトモデルに限定されるという。少なくとも、Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏による最新の憶測ではそのようだ。

 Appleが、より強度が高く、傷つきにくい画面で顧客を引き付けるための手段として、次期iPhoneのディスプレイをサファイアガラス製のものに一 新するのかどうかをめぐり、新たな議論が浮上している。サファイアガラスの支持派によると、この素材は現在iPhoneに使用されている「Gorilla Glass」よりも頑丈で、さらに壊れにくいという。しかし、サファイアガラスを製造し、カッティングして正しい形状にするのは費用のかかる工程であり、 そうした点が大量生産する上での課題になっている。

 Appleは、新型iPhoneの全機種にサファイアガラスを採用するのではなく、一部の機種に限定して使用するかもしれない、というのがMunster氏の見解だ。

 Munster氏は米国時間9月2日に発表した投資家向けの報告書の中で、「Appleは、iPhone 6の64Gバイトモデルで画面をサファイアガラスに一新し、これを初期の市場テストとする可能性がある。そして、サファイアガラス搭載スマートフォンに対 する消費者の反応を確認した上で、最終的には2年以内に(つまり「iPhone 7」として)同製品シリーズ全体をサファイアに移行させるとわれわれは考えている」と述べた。「われわれが以前、「iPhone 5s」の発売時に実施した調査研究に基づくと、仮にサファイアが新たな特徴に加わるならば、64Gバイトモデルは端末台数の30%を占める可能性があると 考えている。このときの調査は、購入者の25%が64Gバイト容量を選ぶことを示唆している」(Munster氏)

 Munster氏は、Appleが9月9日の発表イベントにおいて、4.6インチと5.5インチのiPhoneを同時に発表すると予想している。 Munster氏はまた、新たなラインアップには近距離無線通信(NFC)が搭載されると考えている。その上で同氏は、Appleが何らかのモバイル決済 システムを発表する確率は70%と予測する。NFCは、モバイル通信プラットフォームとして、さまざまな機能を果たす可能性があるが、その主な魅力は、モ バイル端末を使用し、出先で商品代金の支払いができるようになることだ。

 では、「iWatch」はどうだろうか?Munster氏は、こちらが9月9日に発表される確率は半々だとしている。

 「Appleが新しい製品カテゴリをiPhoneとともに発表する可能性は少なく、それは、より控えめなアップデートが予想されているiPadとともに 発表するのに比べ、コア製品から注目を奪い去る可能性があるからだ、というのがわれわれの根拠だ」とMunster氏は述べる。「それとは関係なく、同ス マートウッチが9月9日のイベントで発表されなくても、10月もしくは11月のiPadイベントでは発表され、年末商戦期には販売されるであろう」 (Munster氏)

 最後にMunster氏は、Appleが650万台以上のiPhone 6を発売直後の週末で販売すると予測している。この台数は、iPhone 5sが発売された直後の週末における数字より20%多くなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ハッキング、どうすれば防げるか―アップルの被害で考える

 アップルのアカウントがハッキングされ、著名人やアスリートのヌード画像がインターネット上に流出した事件は、インターネットが安全ではないということをあらためて思い起こさせた。

 アップルは、オンラインストレージサービスの「iCloud(アイクラウド)」や「iPhone(アイフォーン)を探す」システムが侵害されたとの見方 を否定した。同社のクラウドシステムにあるバグがハッカーの侵入を許したという週末の報道内容をただすためにコメントしたようだ。報道では、ハッカーはこ のバグを使い、正しいパスワードにたどりつくまで推測を続け、システムに侵入できたとされていた。アップルは、一部の著名人のアカウントが被害を受けたの は、「特定のユーザー名、パスワードとセキュリティー質問に的を絞った攻撃があったためだ」との見方を示した。

 いずれにせよハッキングは発生した。アイクラウドはクラウドストレージのブランド名の1つにすぎず、ハッカーに強いクラウドストレージなどこの世に存在 しない。端末の自動バックアップや同期は、ネット上の遠く離れたサーバーへのデータのアップロード(そのデータには写真など秘密にしておきたいものも含ま れ得る)を意味するとさえ認識していない人々がいるかもしれない。

 もしあなたがアイクラウドないしその他のクラウドストレージのアカウントを持っているなら、あなたも十分攻撃の標的になり得る。そこで、あなたが知ってか知らずにか、クラウドに保存しているものに、たちの悪い人たちが近づきにくくする手法を以下に紹介しよう。

 同じパスワードを使わない


 ネット上に多くのアカウントを持っているなら、多くのパスワードを持つべきだ。もし、アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブック、 ツイッターについて1個のパスワードを使っているなら、その特別な1個のパスワードを知る誰かに合鍵を渡しているようなものだ。複雑なパスワードを1個考 えてアカウントごとに一部を変えるのも手だ。

 パスワードを強くする


 パスワードに数字や感嘆符を加えると、ハッカーが「総当たり攻撃」を使ってパスワードを推測しにくくなる。総当たり攻撃とは、(通常自動プログラムを 使って)正しいパスワードが見つかるまでパスワードを推測し続ける手法だ。大文字や記号を含む強いパスワードを持っているとしても、複数持つことが重要 だ。

 また、失ったパスワードを回復しようとするときに「セキュリティー質問」に答えるよう設定する場合は、分かりにくいものにしよう(うそをついたことを覚 えていられるなら、うそをつくのも手だ)。質問の中には母親の旧姓や父親のミドルネームなど、簡単に入手できる情報もある。

 2要素認証を理解して利用する


 利用できるときには必ず2要素認証(2段階認証とも呼ばれる)を利用することが絶対に不可欠だ(フェイスブックやツイッターといった主要なウェブサービスで利用できるが、なぜか全てで利用できるわけではない。そのためチェックが必要)。

 われわれは今年、最も人気のオンラインサービスの11社について利用方法を説明する記事を書いているが、ここでおさらいしよう。2要素認証は通常のログ インパスワードと1回限りの特別なコードを使う。このコードは通常、電子メールやテキストメッセージを通じて送られてくる。あなたの許可なしに誰かがあな たのアカウントにログインしようとすると、あなたのところにコードが送られてくる。これはあなたにとってかなり良い警告になるし、ハッカーの抑止手段にも なる。

 パスワード管理ツールの導入を検討する


 一つ一つ違う複雑なパスワードをたくさん覚えたり2要素認証も利用するのは、面倒かもしれない。それを真面目にやる価値はあるが、パスワード管理ツール を使うとより簡単になる可能性がある。150種類のパスワードを持つWSJのコラムニスト、ジェフリー・ファウラーは、利用可能な選択肢の中で最良のもの を試している。Dashlane、LastPass、1PasswordとPasswordBoxだ。パスワード管理ツールは自分だけが知る1個のパス ワードの中に個々のログインパスワードを隠すことができるもので、これら最良の選択肢があなたのマスター・パスワードをインターネット上で送ることは決し てない。

 自動バックアップ機能を制御する


 大事な対策の1つは、自動バックアップの機能をオフにすることだ。アイクラウドなどの多くのサービスや、グーグルのアンドロイドユーザー向けのアカウン トには定期的にバックアップする機能がある。これが便利なのは明らかだ。自分がダウンロードした全てのアプリ、自分が訪問した全てのサイト、それに自分が 撮った全ての写真が自動的にクラウドに保存されるからだ。端末をなくした場合は、新たな電話ないしタブレットに全てをクラウドからダウンロードして、なく す前の状態に戻ることができる。しかし、この同期があまりにスムーズなため、あなたはクラウドにアップロードしているもの――見せたくない写真、重要な財 務情報など自分が秘密にしておきたいものを含む――を認識さえしていない可能性がある。

 自動バックアップ機能をオフにすると、クラウドの便利さが失われるが、機能を自分で制御できるようになる。クラウドにデータを保存するときを選べるよう になるし、企業のサーバーにコピーされたくないファイルをバックアップの対象から外せるようにもなる。それでもなお秘密のデータを持ち続けたいのなら、 ノートパソコンのハードディスクドライブ(HDD)か外付けのHDDにコピーすれば良い。どちらもパスワードをもう1個増やすだけで暗号化して保護でき る。

グノシーの木村新司共同代表が「退任」したことが判明! 大型資金調達を牽引

スマートフォン向けのニュースキュレーションアプリ「グノシー」を展開するベンチャー企業・グノシー(Gunosy)=東京都港区=の共同代表をつとめていた木村新司氏が、同社の代表取締役を退任していたことがわかった。

グノシーの法人登記簿によると、木村氏は8月28日付けで代表取締役を退任した。同時に、取締役も退任している。9月3日現在、会社のホームページの役員一覧からも、その名前が消えている。

木村氏は、2013年11月にグノシーの共同代表に就任。創業者の福島良典氏とともに同社の代表取締役となり、共同最高経営責任者(CEO)として、同社を率いてきた。

それまでベンチャー企業に投資する個人投資家として活動してきたキャリアを生かし、グノシーの資金調達やメディア展開の戦略を担当。今年6月までにKDDIなどから計24億円の資金調達を実現する原動力となった。

グノシーは巨額の資金を生かし、テレビCMを積極的に展開。これまでにニュースアプリは500万ダウンロードを突破したとしている。一方で、8月末に明らかになった5月期決算では、約14億円の当期純損失を計上し、話題を呼んでいた。

グリーのラブホ予約アプリが早くもサービス終了--「総合的に判断」

グリーは、ラブホテルの当日予約ができるスマートフォンアプリ「Tonight for Two」の提供を9月3日をもって終了したことを発表した。高級ホテル予約アプリ「Tonight」の仕組みを使ったアプリで、8月11日にサービスを開始したばかりだった。

 Tonight for Twoは、現在地から一番近いラブホテルを上から順に表示するアプリで、各店舗の外観、部屋の内装、ロビー、アメニティなどを確認できる。ホテルでの本人 確認には、予約後に発行される番号を使う。当初は、関東1都6県のホテル情報約30件を掲載していた。

 サービス終了の経緯についてグリー広報は「社内外からいろいろなご意見があり、それらの議論を踏まえて総合的に判断した」と説明。これまでに登録された個人情報は消去するとしている。なお、Tonightは引き続き提供していくという。

5.6型のクアッドHD+160ピクセルの曲面ディスプレイを搭載――「GALAXY Note Edge」

Samsung Electronicsが9月3日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2014」に先だって、GALAXY Noteシリーズの新製品「GALAXY Note Edge」を発表した。


  基本性能は同時に発表された「GALAXY Note 4」とほぼ同等だが、製品に「Edge」という名前が付けられているとおり、ディスプレイのエッジ部分(側面)がカーブを描いているのが大きな特徴。ディ スプレイはNote 4より0.1インチ小さい5.6型だが、160ピクセル分を“エッジスクリーン”として活用できる。

 このエッジスクリーンには、よく使うアプリを表示させたり、新着メールや予定の通知を表示させたりできる。カバーを装着しているときでも露出するので、 手軽に通知を確認できる。例えば動画を視聴しているときも、独立したエッジスクリーンに通知されるので、動画の再生画面に通知が表示されて煩わしい思いを することもなくなる。

 5.6型ディスプレイ(Super AMOLED)の解像度は、スマートフォンとして高いクアッドHD(2560×1440ピクセル)を実現した。LTEはCategory 6をサポートし、下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsの通信が可能。カメラは1600万画素で、光学手ブレ補正にも対応。インカメラはF1.9 の明るい撮影ができる370万画素。S Penを活用した機能や、大画面を生かしたマルチウィンドウも利用できる。

 ボディカラーはCharcoal BlackとFrost Whiteの2色で、GALAXY Note 4よりも限られた地域にて、2014年後半に発売される予定。日本での発売は未定。

現場を3D模型で再現=上智大生殺害18年で―警視庁

東京都葛飾区柴又で1996年、上智大4年の小林順子さん=当時(21)=が自宅で殺害され、放火された事件で、警視庁は4日、3次元(3D)プリンターで事件現場の小林さん宅を再現した立体模型を報道陣に公開した。事件は9日で発生から18年になる。
 同庁亀有署捜査本部によると、模型は石こう製で、高さ約27センチ、幅約13センチ、奥行き約40センチ。科学捜査研究所が3Dプリンターを使い、小林さん宅を実物の約28分の1の大きさで再現した。2階建ての家を各階に分けることができる。
 模型は捜査員や関係者の記憶喚起に活用。青木樹哉捜査1課長は「立体的に再現することで(当時の状況を)正確に把握し、事件解決に役立てたい」などと話した。
 事件は96年9月9日発生。小林さんは自宅2階で首を刺されるなどして殺害され、自宅が放火されて全焼した。事件後、現場跡地は遺族から地元消防署に無償提供され、消防団の施設や供養のための地蔵が建てられた。

2014年8月21日木曜日

スマホで“住”を暮らしやすく――フリービットとエイブルが協業して「エイブル“PandA”」を販売

「スマホが変えるスマイ(住まい)」をテーマに戦略的業務提携を発表したフリービットとエイブル。
通信×不動産という組み合わせがユーザーに何をもたらす のだろうか。
エイブルTGRoom原宿店 MAISON ABLEで開催された共同発表会で、フリービットの石田宏樹社長とエイブルの梁瀬泰孝社長がその狙いを語った。


●まずは“衣食住”から固めていく

 フリービットはこれまで、Androidスマートフォン「PandA」を「オンライン」、直営店の「ATELIER」、移動式店舗の「STAND freebit」、「テレビショッピング」と販路を広げてきた。これに次ぐ第5の販売方法として提示したのは「freebit mobile パートナープログラム」だ。

 パートナープログラムとは、企業や学校などがPandAのソフトウェアをカスタマイズして各エンドユーザー向けにカスタマイズされたオリジナルスマート フォンを提供できるもの。パートナー企業は各ユーザーに応じたサービスを提供できるメリットがあるほか、オリジナルスマホカバーも作成可能。フリービット にとっては、自社ブランドの認知度向上を図るとともに、直営店やテレビCMだけでは得られなかった新たな顧客を取り込めるメリットがある。ユーザーは、フ リービットと通信サービス契約を行い、パートナー企業とコンテンツサービス契約を結ぶ形になる。

 パートナー企業は流通、サービスなどさまざまあるが、フリービットは不動産・建設関連のエイブルと最初に手を組むことになった。石田氏はその理由を「ま ずは“衣食住”という人間の生活にとって不可欠なことに関する業者から始めようと思った。ほかの企業からも申し出はいくつか来ているが、フリービットブラ ンドを育てていくことの重要性も理解してくれた」と説明した。

●エイブルの入居者向けに最適化した「PandA」スマホを提供

 空室対策として物件への通信インフラ整備を実施しているエイブルは、今後は「ライフコストの見直し」と「暮らしに役立つサービス・情報の提供」を通して 入居者をサポートしていく。エイブルによると、エイブル向けにカスタマイズされた「エイブル“PandA”」を導入すると、1世帯(3人)当たりの1カ月 の通信費は1万5789円ほど節約できるという。

 暮らしに役立つサービスとして、エイブル“PandA”には3つの無料アプリがプリインストールされている。それは、「Smafa(スマファ)」「エイブル コンシェルジュ」「お友達紹介」の3つだ。

 Smafaは、エイブルの会員制優待サービスで、映画館の割引チケットや飲食店のクーポン、飛行機、宿代を特別価格で提供するなどの特典を受けられる。 登録料と年会費は無料。エイブル コンシェルジュは、水回りのトラブルや夜間で急患が出たときの医療機関のあっせんなど、緊急時の相談窓口だ。お友達紹介では、友人がエイブルを介して部屋 を契約するとプレゼントを受け取れる。

 エイブル“PandA”は、TGRoom原宿店 MAISON ABLEを旗艦店とし、まずはエイブル直営店10店舗(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、京都、大阪)で販売される。梁瀬氏は「まずは直営店10店舗で 1000台を売り切ることを目指す。9月末までには端末を販売する」と抱負を語った。最終的には全国で400を超える直営店での販売を目指す。端末にはメ ゾンエイブル柄のスマホカバーが付属するほか、チンタイガーのスマホカバーも別途購入できる。エイブルを介して部屋を借りなくてもスマホを購入することは 可能なほか、契約期間内に引っ越しをしても引き続き各種コンテンツは期間満了時まで使用できる。

 フリービットと協業する理由について、梁瀬氏は「垂直統合経営でこれだけのクオリティの端末を作り、なおかつブランドコンセプトがしっかりしている。提供している端末が1つだけというのも魅力」と語った。

 フリービットはエイブルとの協業を皮切りに、ほかの企業とのパートナーシップも強化していく方針だ。

LINEの自作スタンプ、上位は3カ月で1000万円以上の収入

LINEは8月20日、ユーザーが「LINE」の自作スタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」 の最新実績を発表した。サービスを開始した5月8日~8月7日の約3カ月で、上位10位のスタンプ平均販売額は2230万円に及ぶという。このうちの約5 割がクリエイターに支払われる。

 4月17日よりクリエイターとスタンプの登録受付を開始し、8月7日までの約3カ月半で、登録クリエイター数は14万9000人、登録スタンプ数は3万 セットを突破している。また、参加しているクリエイターの国籍は累計世界124カ国におよび、国内のみならず世界中のクリエイターが参加しているという。

 5月8日より販売を開始したクリエイター自作スタンプの販売総額は12億3000万円、購入されたスタンプ総数は1241万セットとなっている。また、 8月19日時点で販売中のスタンプは1万セットを超えているそうだ。販売金額上位のスタンプ平均販売額は、売上10位までの平均が2230万円、30位ま でが1290万円、100位までが650万円、200位までが410万円となっている。

 また、スタンプ1セットあたりの販売額比率では、8月7日時点で販売中のスタンプのうち55.5%が販売額1万円以上となるなど、販売額上位のスタンプ 以外も広く購入されているという。クリエイターは、分配された金額から源泉所得税や振込手数料などを差し引いた約5割の金額を受け取ることができる。な お、クリエイターや購入者の国により適用される税率は異なる。

 同社によれば、8月19日時点でLINEのプラットフォーム上で提供しているLINEスタンプの総数は、1万1351セット(内訳:公式スタンプ 1155セット、クリエイターズスタンプ 1万196セット)で、1日あたりのLINEスタンプ送受信回数は18億回以上に及ぶという。


ネットで少額の非上場株発行=来春、新型クラウド金融

企業や個人事業主がインターネットを通じ、一般の人から少額資金を集める「クラウドファンディング」で、金融庁は株式発行による調達を来春にも解禁する。
非上場の零細企業などが金融機関からの融資などに頼らず、事業資金を得ることに道が開かれる。取引所に上場する場合に比べて情報公開を大幅に簡略にする代 わりに、1人当たりの投資額を50万円以下、株式の募集総額を1億円未満に設定した。

今回の解禁について、政府はベンチャー企業の活性化をその狙いに掲げる。
ただ市場関係者は、調達が1億円未満にとどまるだけに、調達側、投資家双方が、近い将来の株式公開を視野に入れた事業拡大や、大きな投資収益を期待する金融分野にはならないとみている。

2014年8月6日水曜日

ネットの過激な「度胸試し」、死傷事故相次ぎ物議


米国などで最近、インターネット上で動画を公開するために、自分の体に火をつけたり氷水を浴びたりといった過激な「度胸試し」を試みた人々が死傷する事故が相次いでおり、ネット時代が生み出した愚かな行為だとあきれる声が上がっている。

  米国では先週末、10代の少年が消毒用アルコールを自分にかけ火をつけて2度のやけどを負い、病院で治療を受けていると報じられた。この行為の目的は 「ファイアー・チャレンジ」と呼ばれる危険な度胸試しに挑戦した動画をユーチューブ(YouTube)やフェイスブック(Facebook)に投稿するこ とだったという。

 ツイッター(Twitter)では、ハッシュタグ「#firechallenge」を付けたツイートで、若い男性がバスタブで自分に火をつけた後、必死になって火を消したり燃え上がるズボンを脱ごうとしたりしている動画が投稿されている。

 あるユーザーは同じハッシュタグで「人間はどんどんばかになっているのか、そう思っているのは自分だけか」と、皮肉を込めてツイートした。この少年の愚かな行為により、オンライン上では活発な議論が行われ、ネット時代の自然淘汰かもしれないとの声まで上がった。

 またドイツのメディアは先週、フェイスブックではやっている「冷水チャレンジ」に参加していた男性が、掘削機の下敷きになって死亡したと報じた。男性グ ループに浴びせるための数千リットル分の水が入れられた大きなスコップを高く持ち上げらていた掘削機が転倒し、うち1人が死亡、5人が負傷したという。

 この「冷水チャレンジ」ではこれ以前にも複数の死者が出ているとされている。

米グーグル、児童ポルノ所持の利用者を通報

米IT大手グーグル(Google)が、児童ポルノを所持していたユーザーを米テキサス(Texas)州の警察に通報していたことが明らかになった。


  テキサス州ヒューストン(Houston)の飲食店従業員ジョン・ヘンリー・スキラーン(John Henry Skillern)容疑者は7月31日、ワシントン(Washington D.C.)郊外に拠点を置く全米失踪・被搾取児童センター(National Center for Missing and Exploited Children、NCMEC)を通じてグーグルから警察へ提供されたユーザー情報に基づき逮捕された。

 世界のインターネットサービスを先導するグーグルやその競合他社が、よりきめ細かい広告提供を行うためにユーザーのオンライン行動を追跡していることは 周知の事実だが、今回の事例は、グーグルが自社ユーザーの行動に関する情報を法執行機関にどの程度提供しているのかについての懸念を呼んでいる。

 だがグーグルの広報担当は4日、AFPのメール取材に対し「残念なことにすべてのインターネット企業は児童性的虐待に対処する必要がある。ゆえにグーグ ルでは(グーグル)検索やGメール(Gmail)を含む弊社サービスから違法画像を積極的に削除しており、虐待事例に関しては速やかにNCMECに報告し ている」と回答し、自社の方針の正当性を主張した。

 なお、世界で4億人以上が利用するグーグルのメールサービス、Gメールでは「プログラムポリシー」と称する利用規約の中で「児童の性的虐待画像に対して断固とした措置」をとる方針を掲げている。

 NCMECでは、オンライン上で児童性的虐待が疑われる人物の情報をネットサービス事業者から警察に仲介する「サイバーティップライン (CyberTipline)」という通報受付窓口を運営している。AFPのメール取材に応じたNCMECは、連邦法ではインターネットサービス事業者に 対し、児童ポルノが疑われる場合は同窓口への通報が義務付けられていると述べた。

 今回の件を最初に報道したヒューストンの地元テレビ局KHOUは4日、自局ウェブサイトで、スキラーン容疑者が20年前に8歳の少年への性的暴行で有罪 判決を受け、性犯罪者として当局に登録されていると報じた。家宅捜索を行った捜査班は、本人の携帯電話とタブレット型端末から児童ポルノ画像を発見した 他、携帯電話からはスキラーン容疑者が調理係として勤務しているファミリーレストラン「デニーズ(Denny’s)」を訪れた子どもたちの動画が見つかっ たという。

Uber、黒塗りハイヤーに加えてタクシー配車も--エリアは東京全域へ

スマートフォンアプリから黒塗りのハイヤーを呼べるサービス「Uber」を提供するUber Japanは、アプリ内で新たに「タクシー」を呼べるサービスを8月5日16時から提供することを発表した。ハイヤーは引き続き渋谷や六本木などの都心エ リアでしか利用できないが、タクシーについては各タクシー会社と連携することで、東京都内であればどこでも呼べるようになる。

 従来のハイヤーを配車する「UberBLACK」に加えて、新たに提供するのはタクシーを配車する「uberTAXI」と、ハイグレードタクシーを配車 する「uberTAXILUX」の2種類。uberTAXIはアジア地域で初、uberTAXILUXは世界初のサービスになるという。

 タクシーは、運転手がUberの専用アプリをオンラインにした場合のみアプリで呼び出せる。これにあわせて、Uber Japanでは連携するすべてのタクシー会社の運転手にアプリをインストールしたiPad miniと、予約用のフィーチャーフォンを配布したという。

 uberTAXIの料金は、通常のタクシーのメーター料金に各社の迎車料が加わった金額となる。uberTAXILUXは、トヨタクラウンロイヤルシ リーズやBMW 7シリーズなどハイグレードなタクシーが利用でき、メーター料金と迎車料に加えて追加料金として一律500円がかかる。降車後は、ハイヤーと同様に登録し たクレジットカードに請求がいくため財布は不要。その後、領収書がメールで届く。

 ハイヤーであればUberの独自性を保てるが、タクシー配車アプリはすでにタクシー会社各社が提供している。例えば、日本交通が2011年12月より提 供している「全国タクシー配車」アプリは120万ダウンロードを超え、売上は40億円を超えているという。こうしたアプリとどのように差別化するのか。

 この点について、Uber Japan執行役員 社長の?橋正巳氏は、リアルタイムに到着までの時間や車の位置が確認できること、ドライバーへの連絡、割り勘機能などによって優位性は保てると説明する。 また、東京のタクシーの乗車率は43%であり空車の時間も多いことから、パートナーにとっても新たな選択肢になるとの見方を示した。

 Uberは現在42カ国、158都市で提供されているという。日本では2013年11月から試験的に提供し、3月に正式にサービスを開始した。ただし、 実績や提携するタクシー会社は非公開としている。またサービス開始から半年も経っていないが、初代社長を務めた塩濱剛治氏はサービス立ち上げの役目を終え たとして退任。元ソニーの?橋氏が7月に新社長に就任した。

2014年8月5日火曜日

エクストリーム・スポーツの空撮にも? 無人機「ドローン」の宅配以外の可能性は

ネット通販大手の米アマゾンが、いよいよ本格的に無人機のビジネス活用に乗り出します。7月に、配送に使う小型無人機の屋外試験飛行を米連邦航空局(FAA)に申請したと報じられています。

 米国では、これまで軍や警察が中心であった無人機の利用を民間にも拡大しようという動きが活発になっています。すでにFAAは、アラスカにある油田設備 の監視に無人機を使うことを認めており、アマゾンの申請もこうした民間開放の流れに沿ったものといえます。FAAは市街地など危険性の高い地域での認可に 対しては慎重姿勢といわれています。アマゾンが目論見通りにサービスを開始できるのか分かりませんが、今後、こうした申請が増えてくることは間違いないで しょう。

 アマゾンが考えているのは、顧客の注文から30分以内に無人機で商品を届けるという斬新なサービスです。当初は富裕層やパーティ会場向けなど、高い配送料を気にしない利用者がターゲットになると考えられていますが、いずれは一般的な利用につなげたい意向です。

 無人機は空間を飛行できるというのが最大の特徴ですから、基本的にはアマゾンのような宅配業務、あるいは各種の監視業務への利用が想定されています。しかし、民間用に無人機を本格的に開放した場合には、これ以外にも様々な用途が開拓されると考えられています。

 レジャー用途として注目されているのが、スポーツの空撮サービスです。スノーボードやフリースタイルBMXなど、いわゆるエクストリーム・スポーツの競 技者を、無人機を使って空から撮影するというものです。無人機を使えば特殊なアングルからの撮影ができますから、アマチュアでもプロ競技者のようなカッコ イイ写真を撮影することが可能となります。

 すでに農業分野では農薬散布など、無人機の導入は進んでいますが、画像解析の機能を付け加えることで、よりきめ細かな作付状況の確認ができるようになる でしょう。また不動産の分野では、物件の確認用などに大きなニーズがあるはずです。米国ではジャーナリズムの世界に無人機を活用しようという動きも見られ ます。

 こうした無人機の普及で気になるのはやはり安全性とプライバシーの問題です。フロリダでは、無人機が旅客機とニアミスするという事件が発生しています し、軍用の話ではありますが、米軍はこれまで400件以上にのぼる無人機の墜落事故を起こしています。一方で、人工知能を使った無人機の自動操縦技術も急 速に進歩しているといわれています。グーグルのようなネット系インフラ企業が、無人機の管制や制御のサービスを提供してくるかもしれません。しかしなが ら、プライバシーの問題はこうした技術では解決できないものです。このあたりについては国民的な合意形成のプロセスが必要となるでしょう。

米マイクロソフト、サムスン提訴=アンドロイドの特許めぐり

米マイクロソフト(MS)は1日、韓国サムスン電子が、米グーグルの携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイド」で採用されているMSの特許に対する使用料の支払いを拒否したとして、ニューヨークの連邦地裁に提訴した。
 MSなどによると、両社は2011年、携帯端末分野で特許の相互利用契約を締結。サムスンはアンドロイドに関する特許使用料を支払うことに合意した。し かし、サムスンは、MSがフィンランド通信機器大手ノキアの携帯端末事業を買収したことにより、両社の特許契約は無効となったと主張。昨年9月に買収計画 が発表された後、特許使用料の支払いを拒否したという。

固まるパソコン、瞬時に預金失う恐れ…不正アクセスの罠

「それはウイルスです」。大阪市内の自営業の40代女性は、銀行員の言葉に耳を疑った。パソコン(PC)にはウイルス対策ソフトを入れていたはず。なの に、口座を確認すると見知らぬ女性名義の口座に196万円が振り込まれていた。個人情報を盗まれ、ネットバンキングに不正アクセスされたのだった。

 6月11日朝。都市銀行のネットバンキングのサイトを開いた。「振込」を選ぶと、「誕生日」と「銀行から送られてきた乱数表」の数字を入力するよう求める画面が現れた。

 「いつもと違う」。そう思ったが、PCにはウイルス対策ソフトが入れてある。「きっと不正アクセス対策でシステムが変わったんだ」と考え、求められた事項を入力した。

 すると画面に「ただいま読み込み中です」とのメッセージが出現し、操作できなくなった。女性の口座から別の口座に不正送金されたのだった。

 すぐさま銀行に連絡したため、不正送金先の口座を凍結でき、預金は戻った。だが、大阪府警が行った自分のPCの解析結果に驚いた。ウイルスだらけで、ウイルス対策ソフトが見当たらなかったからだ。

 対策ソフト自体を消去するウイルスに感染した疑いがある。機械に不慣れで、セキュリティー対策は夫任せ、アップデートは「設定が変わってしまうかも」と怠りがちだった。ウイルスが入り込む隙があった。

 不正アクセスの標的は現金に限らない。仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」(東京)が破綻した問題。同社は「不正アクセスでビットコインが引き出された」と主張し、警視庁は約16億円相当が不正に引き出されたとみて、本格捜査を始めた。

 岐阜、兵庫両県警が昨年12月、通販サイト「楽天市場」に不正アクセスしたとして中国人2人を逮捕した事件では、買い物で得られるポイントが狙われた。

 スマートフォンのゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、「名人」の男性のIDを乗っ取った容疑で今年2月に大阪府警に書類送検された高校生2人は、「高いレベルで遊びたかった」と供述した。

アップルがASUSに負けた! タブレット市場でシェア逆転劇発生

タブレット端末が普及するなか、国内の主要量販店におけるPOSデータを集計するBCNの調査では、「Nexus 7」「MeMO Pad」などを擁するASUSが、アップルのシェアを逆転して首位に立ったことが明らかになった。


●上半期首位のASUSと2位のアップルがシェア突出

 BCNが発表した2014年上期(2014年1~6月)のタブレットのメーカー別シェアでは、ASUSが38.9%と首位に立ち、アップルをシェアで逆転した。2位アップルのシェアも36.3%で、この2社が突出している。

 前年同時期には49.7%とほぼ5割のシェアだったアップルは、今回13.4%もシェアを落としたことになる。今回トップとなったASUSの前年同時期 のシェアは30.9%。2社のシェア合計は、2013年のほうが2014年より5.4%多かったわけで、多少、シェアが各社に分散したと考えられる。

 それでも3位は大きく離れてレノボ・ジャパンの6.2%、4位はNECパーソナルコンピュータの2.6%、5位はソニーの2.6%と、3位以下は1桁台のシェアにとどまっているのが分かる。

スマートフォンでご覧のかたはこちら(表を画像表示)

 同時期の月別シェア推移を見ても、この2社の動きは突出。2014年1月、3月、4月、5月はASUSが、残る2月、6月はアップルが首位を獲得してい る。また7月についても、7月21日までの3週間では、ASUSの38.9%に対して、アップルが34.2%で、やはり2社に集中している。

 特にASUSが高いシェアを獲得したのは、幅広い製品ラインアップがその要因の1つ。GoogleのAndroid 7インチタブレット「Nexus 7」や、Windows PCとの2イン1タイプで4万円台後半のタブレット「TransBook」、Windows搭載で5万円前後のタブレット「VivoTab Note」、軽くて価格も2万円前後とコスパの良いAndroidタブレット「MeMO Pad」、3万円台前半で通話もできるファブレット「Fone Pad」といった豊富な品ぞろえが、ユーザーの選択肢を増やした。今回のシェア首位は、これら全ラインアップのシェアを集約したものなのだ。

●約1万円安くなったNexus 7がコスパで売れた

 幅広い製品ラインナップを持つことは、量販店側の販売施策にあわせた製品提案が行いやすいといったことにもつながっている。それを示すのが、機種別シェアで2位と4位に入っているNexus 7の存在だ。


 機種別シェアでは第2位に、2年前に発売された「Nexus 7」(16GB・32GBモデル/売価格1万5000円前後~2万円前後)が13.7%で入っており、その次に4位の「Nexus 7」の2013年モデル(16GB・32GBモデル/実売価格2万円前後~3万5000円前後)の7.5%。Nexus 7の2013年モデルは当初3万円前後~4万円前後だったものが平均単価で1万円程度安くなっており、量販店側でもコストパフォーマンスの高さを生かした 販売促進企画を打ち出しやすいといった側面がある。

 幅広いラインアップによって、用途や価格帯に合わせた販売提案がしやすいという点が、ASUSノシェアの引き上げにつながっていると言えるだろう。

●Windowsタブレットが売れるも、アップルは安定したシェアを確保

 一方、アップルは、30%台半ばで安定したシェアを維持しつづけるのが特徴だ。つまり量販店店頭においては、3台に1台以上はアップルという状況が続いていることになる。

 2014年3月は、BCNが調査を開始以来、過去最高のタブレットの販売台数となったが、その中でアップルは35.3%のシェアを維持。4月9日の Windows XPのサポート終了に伴う買い替え需要がピークに達したタイミングで、Windows8.1を搭載したタブレットのシェアが若干上昇するといった動きも見 られたが、それでもアップルは存在感を発揮しつづけたわけだ。

●2年前の初代iPad miniもいまだに売れている

 また、機種別ランキングでは、2012年発売の初代「iPad mini」(実売価格2万9800円)が6.9%と高いシェアを獲得している点も注目だ。1機種で6.9%のシェアというのは、実はメーカー別3位のレノ ボ・ジャパンの6.2%さえも上回る実績。これは初代iPad miniが、16GB版だけが継続モデルとして残され、その価格が3万円を切る設定でiPadの入門モデルとして適していることも影響しているだろう。機 種別首位の「iPad Air」(16GB~128GBモデル、実売価格4万8800円~9万1800円)の16.0%、3位の第2世代「iPad mini」(16GB~128GBモデル、実売価格3万8800円~8万1800円)の11.5%に加え、低価格帯をカバーする重要な役割を、初代 iPad miniが担っているともいえる。

 なお、BCNの集計では、アップルストアやキャリア系の販売店が含まれていない。これらを加えると、iPadのシェアがもう少し上振れする可能性がありそうだ。

 そのほかのメーカーでは、NECパーソナルコンピュータのシェアが上昇傾向にあるのが目立つ。2014年1月には2.9%のシェアだったものが、 2014年6月には6.0%に上昇。2倍にシェアを増やし、3位へと浮上した。NEC・レノボグループとしては10%台のシェアを獲得している。

 NECパーソナルコンピュータではこの伸びを、「地方都市でのシェアが高い。操作説明をはじめとして使えるまでサポートする体制が評価されている」と分析している。

●Surfaceが加われば、Windowsタブレットのシェアは20%台へ

 一方、OS別のシェアを見てみると、2014年上期はAndroidが46.0%のシェアを獲得。次いでアップルが38.0%となっている。これに対して、Windows 8.1%とWindows 8は合計で15.7%となっている。

 Windowsタブレットは今年1月以降、15%台で推移しているものの、なかなかそれ以上にはシェアが高まらない。6月には14.2%と今年に入って 初めて15%を割り込んだ。ただ、このなかには「Surface」が含まれていないことも考慮する必要があり、量販店などの声を聞くと、Surfaceが 加われば20%台に到達するのは間違いなさそうなのだ。

●米国から遅れを取る日本のタブレット普及率

 またタブレットの販売台数の成長率こそ鈍化しつつあるが、それでも徐々に拡大傾向にあるのは確かだ。

 BCNによれば、初代iPadが発売となった2010年5月の販売台数を1.00とすると、2014年3月の販売台数は10.21と10倍規模に拡大。 2014年6月の販売台数は、前年同月比26.2%増に達している。さらに7月17日に発売となった「Surface Pro 3」は発売初日で初期ロット分を完売。さらに今後もタブレットの新製品が各社から投入される見込みであり、販売に弾みがつく可能性もある。

 だが、日本におけるタブレットの普及は、米国に比べても遅れており、それが個人および企業の生産性の差につながるとの指摘もある。NECパーソナルコン ピュータの試算によると、米国でのタブレット普及率は42%だが、日本はわずか18%だ。日本での普及率を考えれば、まだ成長が鈍化するには、早すぎるだ ろう。継続的な成長を続けるには、タブレット利用の効果や利便性をもっと積極的に訴求する必要があるのではないだろうか。

2014年7月28日月曜日

グーグル、Twitch買収で契約締結か--10億ドルで

検索大手のGoogleがビデオゲームストリーミングプラットフォームTwitchを10億ドルで買収する契約を結んだという米国時間7月25日の報道について、両社は沈黙を保ったままだ。

 Dean Takahasi氏によるVentureBeatの報道では、GoogleがTwitchとの契約を結んだことを「本件に詳しい情報筋」が確認したと伝え ている。ただし、正確な金額条件などの詳細は不明だ。GoogleのYouTube部門がうわさとなっている今回の買収を担当していると報じられている。

 VentureBeatの報道は、Todd Spangler氏がエンターテインメント誌Varietyのウェブサイトで5月に公開した記事の後を追ったものとなっている。この記事では、 GoogleがTwitchを買収して10億ドル以上を全額現金で支払うための仮契約に至ったことを「この契約に詳しい情報筋」の話として報じていた。

 当時、The Wall Street Journalは、このうわさに関する独自の見解として、両社がこの契約について「初期的な交渉」の段階にあると報じていた。

 本稿執筆時点において、GoogleもTwitchも今回の報道について何もコメントしていない。

Apple、書籍推奨サービスのBookLampを買収 iBooks強化へ

米Appleが書籍推奨サービスを手掛ける米新興企業BookLampを買収したと、米TechCrunchが7月25日(現地時間)に報じた。

 Appleはこの件について、メディア各社に「Appleは小規模なテクノロジー企業を買収することがあるが、通常その目的や計画については公表しない」という、買収を暗に認める定形コメントを送った。

 TechCrunchによると、買収総額は1000万~1500万ドルという。

 BookLampは2007年創業のアイダホ州ボイジーに拠点を置く非公開企業。書籍のテキストデータを独自のアルゴリズムで解析し、読者の好みに合わ せて書籍を推奨する「Book Genome Project」を開発していた。例えば、「ダ・ヴィンチ・コード」の内容は宗教関連18.6%、殺人関連9.4%、美術関連8.2%、秘密結社関連 6.7%を含むと分析し、同書を好きな読者に同じような内容構成の作品を推奨する。

 BookLampはこの4月にデモとして提供していたBooke Genome Projectを終了し、Webサイトには終了の理由についての説明もなく、感謝のメッセージを表示している。

 Appleは電子書籍ストア「iBookstore」および電子書籍アプリ「iBooks」を提供しており、BookLampの技術をこれらのサービスに統合するとみられる。

 電子書籍ビジネスでAppleと競合する米Amazon.comは紙の書籍で培った推奨技術に加え、昨年3月にソーシャル読書サービスのGoodreadsを買収し、電子書籍サービスKindleで利用できるようにしている。

多額投資で赤字の米アマゾン、投資家は苛立ち

米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は1年以上にわたって四半期決算で投資家をがっかりさせ続けており、収入の多くを投資につぎ込む経営姿勢に対し、一部で苛立ちの声も挙がっている。

アマゾンはことし上期、スマートフォンからハリウッド型の番組制作、生鮮食品配送に至るまで、ありとあらゆる分野に忙しく投資した。投資家としては、同社 がもう少し野心を抑制して持続可能な利益を達成するか、あるいは投資がオンライン小売事業の収益率拡大に結び付く証拠を早く示してほしいと待ち構えてい る。

マニュライフ・アセット・マネジメントのファンドマネジャー、マイケル・スキャンロン氏は「四半期ごとに投資を繰り返し、売上高を利益に回さないことに苛立っている。何といっても利益が欲しい」と語る。

一方で、今投資の手を緩めれば「オンライン小売のウォルマートになる」という目標が挫折しかねないとの見方もある。取扱高がアマゾンと米イーベイ <EBAY.O>を合わせたより大きい中国の電子商取引大手アリババ・グループ<IPO-BABA.N>が、徐々に米消費者向け市場で存在感を増し、米国 での新規株式公開(IPO)を準備中とあってはなおさらだ。

<セールスポイント>

創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は長期的視点で見守ってほしいと訴える。昨年、株主に宛てた書簡では投資をめぐる批判に対し「直前になって(投資を)行うのは思い上がりだ」と反論した。

小売業界でシェアを拡大していることは、投資家にとって大きなセールスポイントだ。ニーダム・アンド・カンパニーのアナリスト、ケリー・ライス氏は「長期的視野を持たなければならない。売上高が着実に伸び続けている点を買うべきだ」と言う。

しかし、そのシェア拡大には代償も伴っている。24日発表の第2・四半期決算は技術・コンテンツ投資が40%拡大したのを主因に営業経費が24%増え、2012年以来で最大の赤字を出した。

さらに悪いことに、同社は第3・四半期に最大8億1000万ドルの営業損失を予想している。

投資家が懸念するのは、入ってきた収入をすべて使ってしまう経営姿勢だけではなく、何に使っているのかの情報開示が少ないことだ。

デスティネーション・ウェルス・マネジメントのマイケル・ヨシカミCEOは「アマゾンほどの売上高を持つ企業で、こんなに赤字を出すところはほとんどない。信頼感を維持するためにもっと情報を出す必要がある」と語る。

アマゾンはタブレット型端末「キンドル」の販売台数や、有料サービス「アマゾン・プライム」の正確な登録者数といった基本的な数字さえ、競争上支障があるとして開示していない。

スキャンロン氏は、情報開示を広げれば「投資収益率を測る際などに役立つ。支出の期間がどの程度に及ぶかなども把握しやすくなる」と話した。

<受け入れ難い投資>

一部の投資家にとって受け入れ難い投資分野は2つある。グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」に大きく修正を加えた新型デバイスを導入したことと、番組制作事業への進出だ。

アマゾンは25日の週に649ドルの「ファイアフォン」を発表したが、手ごたえは薄かった。テレビ番組も始めたが、オンライン動画配信のネットフリックスのような称賛は浴びていない。それでも第3・四半期にはオリジナルの動画コンテンツに1億ドル以上を投じる計画だ。

アマゾンの株価は割高だとの指摘もある。トムソン・ロイター・スターマインによると、アマゾン株の「イントリンシック(本質的)価格」は36.37ドルと、現在の価格の10分の1程度にとどまり、米企業4000社以上の中で最も割高な銘柄の1つとなっている。

S&PキャピタルIQのアナリスト、トゥナ・アモビ氏は「事業多角化のために投資するのは何も悪くない。しかしスパゲッティーを壁に投げつけて落ちてこな い麺を探すようなやり方ではなく、的を絞った方法を採るべきだ。上場企業なのだから、ある程度(株主に)配慮する必要がある」と話した。

2014年7月23日水曜日

LINE乗っ取り、警視庁が捜査開始 100件650万円の被害確認

無料通話アプリ「LINE(ライン)」のアカウントが乗っ取られ、電子マネーをだまし取られる被害が相次いだ問題で、警視庁サイバー犯罪対策課は22日、 6月以降、計100件、約650万円の被害相談が寄せられたと発表した。同課は、詐欺や不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査を始めた。

 同課によると、6月以降、LINE乗っ取りに関する相談が252件寄せられ、うち100件で電子マネーをだまし取られる被害が発生し、未遂も33件あった。今月14日には、東京都渋谷区の40代女性が4回に分けて計80万円をだまし取られた。

 いずれも、LINEのアカウントを乗っ取って被害者の知人を装い、「コンビニ店で電子マネーのプリペイドカードを買うのを手伝って」と持ちかけ、プリペイドカードの番号を送らせてだまし取る手口。ゲームの利用料金などに流用されていた。

 同課は、コンビニ店が加盟する「日本フランチャイズチェーン協会」や電子マネーを管理する株式会社「ウェブマネー」に注意喚起を要請。ウェブマネーは、詐欺が発覚した場合にはアカウントの利用を停止するなどの措置を取るという。

2014年7月22日火曜日

3D印刷“個人メーカー”続々 家電も視野、数年内に量産化

3D(3次元)プリンターを活用した“個人メーカー”が続々誕生している。これに伴いインターネット経由で受け取った3Dデータを基に製品を出力し、サイ ト上で販売するサービスが相次ぎ出現。利用者が1万人近くに達するサービスも出てきた。今はアクセサリーや雑貨が中心だが、数年内には多様な素材の精巧な 製品を数百万個単位で量産可能となり、家電の“印刷”なども視野に入る。拳銃が造れるなど課題を抱えながらも「モノ作り革命」の潮流は加速度を増してき た。

 「短期間で製品化でき、地産地消で配送コストも削減できる。在庫もなく、リスクは極めて低い。製造業がIT(情報技術)サービス業と変わらなくなる」。 3Dプリントサービス「rinkak(リンカク)」を運営するカブク(東京都渋谷区)の稲田雅彦最高経営責任者(CEO)はこう指摘。その上で、今後はモ ノ作りがソフトウエアを作る感覚に近づき、参入が難しかった製造業に個人やベンチャーの進出が急増すると予想した。

 リンカクは3Dの設計データをネット経由で受け付けると、瞬時に製作可能か判断するとともに原価計算し、利益を乗せた価格を設定。注文を受ければ、国内に数カ所ある提携3Dプリンター工場のうち、購入者に最も近い工場で製品を出力し、配送まで手配する。

 素材は樹脂、陶器、鉄のほか金にも対応。1個から製造できる。利益の3割をカブクが手数料として受け取る。サービス開始から半年程度だが、稲田氏による と登録者は1万人弱、販売した製品は数千に達した。現在はCAD(コンピューター利用設計システム)などを扱う人が中心だが、「DIYを含めた日本のクリ エイター層300万人に広げたい」(稲田氏)考えだ。簡単に3Dデータを作成できるソフトも提供する。

 現在販売しているのはアクセサリーやフィギュア(人形)、立体アート作品、スマートフォン(高機能携帯電話)ケースなどの雑貨、地図の模型など。在庫が不要なため商品の種類はいくらでも増やせる。「雑貨では複数売れるものも出てきた」(稲田氏)という。

 3Dプリントサービスでは、デジタルコンテンツ(情報の内容)配信を手がけるDMM.com(ディーエムエム・ドットコム、東京都渋谷区)が先行して昨 年7月に開始。3Dプリント事業部長の白井秀範氏によると、5月時点で「依頼件数が月5900件、出力数が月2300件に達した」。海外では月20万件近 く出力する事業者もあり、DMMとしては「当面は1万件を目指す」(白井氏)考えだ。

 両社以外にも新たなサービスが相次ぎ立ち上がっている。利用者も個人に加え、企業が事業に本格活用する動きも目立ってきた。DMMは9月、東京・秋葉原に3Dプリンターを導入した大規模な拠点を設置。製品の試作を低コストでできるようにして中小製造業を支援する。

 試作だけでなく、海外では米ゼネラル・エレクトリック(GE)が3Dプリンター工場を設け航空機部品の量産を開始した。バッグや靴、時計を3Dプリン ターで生産・販売する例も出ている。日本でも「電子回路のプリントも可能。独自の家電生産の検討も始まった。2~3年内に数百万個の量産もできる」(稲田 氏)と言い、家電を量産するベンチャーの出現が間近だ。

 3Dプリンターは、流通も大きく変える可能性を秘める。和風の陶器や雑貨の注文を海外から受け、現地の工場で出力して届けることができれば、輸送コスト が省ける。リンカクでは英語の販売サイトもあり、「海外の工場との提携も進めている」(稲田氏)とし、これを「地産地消」と表現する。

 ただ、普及に伴い課題も顕在化してきた。ネットから設計データをダウンロードし、実際に発射できる拳銃を3Dプリンターで造った事件が5月に発生。今月に入り、女性器を造形して出力できるデータを頒布したとして芸術家が逮捕される事件も起きた。

 こうした動きに、3Dプリンターを届け出制や登録制にして所持に規制をかけようという声が上がっている。また違法な物を作れないように制限するソフトウエアを作るなどの取り組みも出ている。

 しかし、国内で3Dプリンターの開発・生産を20年以上前から手がけるアスペクト(東京都稲城市)の早野誠治社長は「3Dプリンターでなくても拳銃は造ることができる。規制しても確信犯は防げない」と規制に否定的な考えを示す。

 3Dプリンターの普及を振興する経済産業省も「(制度的な)対応は検討中。だが、銃刀法やわいせつ物頒布を取り締まる法律がある」(製造産業局素形材産業室)とし、厳しい規制は念頭にないようだ。

 普及が進めば「著作権問題なども顕在化する可能性もある」(同)。国内と海外大手の日本法人など3Dプリンター事業者11社は6月、「3Dプリンター振 興協議会」を設立。業界としてポスターやステッカーを作って、不正使用をしないよう呼びかけることにした。同協会の代表に就いた早野氏は「強制するより、 倫理観を持ってもらうことが重要」と強調する。

 「2万~3万円でチョコレートの人形が作れるプリンターが出るのも目前。文化が変わる」と早野氏。インターネット、スマホも課題を抱えながら普及していった。同様に3Dプリンターによるモノ作りが身近になる日も近そうだ。

2014年7月21日月曜日

Facebook、広告から直接購入できる「Buy」ボタンのテストを米国で開始

米Facebookは7月17日、サイト上で表示される広告から直接購入できる「Buy」ボタンの実験提供を発表した。中小規模企業向けに米国のみでの展開としてスタートする。

「Buy」ボタンは、FacebookのニュースフィードやPagesに表示される広告に購入ボタンとして埋め込むことができる。モバイルとデスクトップで表示され、ユーザーは同ボタンを押すことで直接購入が可能となる。

Facebookは「安全性やプライバシーに配慮し、購入時に入力するクレジットカードやデビットカード情報を共有しない」としている。ユーザーは入力した決済情報を今後のショッピングのために保存するかどうかを決定できる選択肢も用意する。

Reutersによると、Facebookは現時点ではBuyボタンを利用して発生したトランザクションで、決済金額の一部をコミッションとして得ることは行わないとのことだ。

テストは中規模~小規模の広告主に限定して、米国でのみ実施される。同社によると、フィードバックを得て拡大するという。

マイクロソフトが過去最大のリストラ、1万8000人削減へ

米マイクロソフト<MSFT.O>は17日、今後約1年で最大1万8000人を削減する計画を明らかにした。全従業員数の14%に当たり、過去最大規模のリストラとなる。

このうち1万2500人前後は、4月に買収したノキアの携帯電話機事業から生じた重複領域の解消を目的とした削減となる。ノキア部門の買収によりマイクロソフトの従業員数は2万5000人増加し、12万7000人となっていた。

マイクロソフトは買収合意の際に1年半で6億ドルの年間コストを減らすと表明していたため、ノキア部門に絡む人員削減は予想されていた。

サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は先週、従業員に宛てたメモで、「より効率的な」事業に向けた計画の概要を示していた。

ノキア関連以外の人員削減について同社は内訳を公表していないが、第1弾はシアトル地域の1351人が対象になるとした。

同社は、今後4四半期にわたり、11億─16億ドルの関連費用(税引き前)を計上すると明らかにした。

マイクロソフトは2009年前半に従業員の約6%にあたる5800人を削減しているが、今回はそれを上回る。

パソコン以外のインターネット端末が急拡大する中、かつてのパソコン業界の覇者は相次いでリストラを実施している。 ヒューレット・パッカード(HP)<HPQ.N>は3─5年かけて最大5万人を削減する計画で、IBM<IBM.N>は1万3000人を解雇あるいは配置 転換するとみられている。インテル<INTC.O>とシスコシステムズ<CSCO.O>もここ1年の間に、従業員の約5%を削減すると発表している。

au、歩行中のスマホ操作を警告する「歩きスマホ注意アプリ」提供開始

KDDI、沖縄セルラー電話は17日、歩行中のスマートフォン操作による事故を防止するためのアプリ「歩きスマホ注意アプリ」の提供を開始した。価格は無料で、Android 4.0以上搭載のauスマートフォンからダウンロードできる。

「歩きスマホ注意アプリ」は、スマートフォンの画面を見ながら歩行していると、歩行中であることを検知し、立ち止まるまで警告画面を表示するアプリ。歩行中のスマートフォン操作による事故防止と、マナー向上を狙いとしている。

同アプリには歩行検知技術が応用されており、人の歩行中の動作だけを感知。車や電車での移動中や端末自体の揺れだけでは警告画面は表示されない。また、警告画面は半透明で、画面操作が可能なため作成中のメールやゲームデータなどの保存が可能となっている。

米Amazon、定額読み放題「Kindle Unlimited」正式サービスイン

米Amazon.comは7月18日(現地時間)、月額9.99ドルで電子書籍とオーディオブックが読み放題となる新サービス「Kindle Unlimited」を開始した。同サービスは、発表前に公開前のページが発見され話題となっていた。

 米国ユーザー向けのサービスで、Kindle端末やKindleアプリが動作する環境があれば、無制限に電子書籍とオーディオブックを読むことができる。また、30日間の無料体験期間も用意されている。

 Amazonプライム会員向けに月1冊電子書籍を無料で提供する「Kindleオーナー ライブラリー」などは存在したし、電子書籍の定額読み放題は海外ならOyster、国内だとブックパスやyomel.jpなども提供している。

 オーディオブックもサービスメニューに含めているのは、既存の電子書籍読み放題サービスとも少し異なる点だ。プレスリリースによると、Kindle Unlimitedでは2000以上のオーディオブックも無制限に利用可能であるとしている。

 Amazonが2008年に買収したAudibleには現在、Audible.comとのサービス連携も進んでおり、例えば「Whispersync for Voice」機能は、その機能に対応した作品なら、電子書籍で読んでいた続きからオーディオブックで聞けたり、その逆ができたりもする。 Audible.comには15万近くのオーディオブックが存在しており、Kindle Unlimitedの利用者には、Audible.comのオーディオブックも3カ月間毎月1点を利用できるクレジットも付与される。

 Kindle Unlimitedのカタログはこちらで確認できるが、幾つか著名な作品も並んでいるとはいえ、HachetteやSimon & Schusterのような大手出版社の作品は現時点で見当たらない。そうした出版社がどのように動くのかも注目される。

 なお、現時点では米国ユーザー向けのサービス。ただし、サービス地域を拡大していく意向は示されている。

ツイッター「bot」で歌詞をつぶやくのはOK? NG? 弁護士に聞いた“権利の侵害”の境界線

ツイッターを利用している人は、bot(ボット)というものをご存じだろうか? 

 botとは“ロボット(Robot)”に由来し、本来人間がやるべき操作を自動的にやってくれるシステム・プログラムのこと。

  もっぱらツイッター上でのbotは「ツイート内容をあらかじめ複数登録しておくと、それを一定の間隔でフォロワーに対してつぶやいてくれる機能」を意味す る。楽曲の歌詞、アニメ・漫画のセリフ、偉人の名言、画像、トリビア――さまざまなジャンルのbotがあり、人気のbotアカウントはフォロワー数が数万 におよぶことも珍しくない。

 ところで、botがつぶやく内容には、読んでいて「これって権利者から文句が来たりしないの? 」と気にな るものもある。J-POPの歌詞や映像コンテンツのセリフなどを不特定多数に対してつぶやき続けることは、場合によってはグレーゾーンな気がするのだ。今 回はそのあたりを法律のプロ、アディーレ法律事務所の島田さくら弁護士に聞いてみた。

 botがつぶやくジャンルとして、代表的なところを以下のように分類した。

 [A]歌詞をつぶやく
[B]アニメ・漫画・ドラマ・小説などのセリフをつぶやく
[C]有名人の発言をつぶやく
[D]一般的に知られている雑学をつぶやく

 さくら弁護士によれば「厳密には、もちろん内容にもよりますが、基本的に[A]と[B]はダメですね。ただし現実に訴えられたり逮捕されたりするかといえばまた別の問題になります」という。

  まず[D]のつぶやき、たとえば「猫の睡眠時間は1日およそ14時間」「薄口しょうゆの方が濃口しょうゆより塩分が多い」のように、一般に知られているト リビアをbotがつぶやくのはOK。保護されるべき著作物というのは、“創作的な表現”でなければならないが、これは単なる“情報”であり、著作物とはい えないそうだ。

 次に、[A]~[C]を扱うbotが“権利の侵害”になるかどうかは「独創性の有無」「引用する長さ(割合)」が判断のポイントだという。

「あんたバカァ? 」とつぶやくのはアウト? セーフ? 

  たとえばアニメをよく見る人なら「あんたバカァ? 」というフレーズが、某キャラクターの有名なセリフだと知っているだろう。しかしこれをつぶやいたから といって即座にアウトというわけではない。独創性がないし、そもそもこんな短い言葉まで厳しく締め付けていたら何も発言できなくなる。

  「ただ、たとえばbotがひとつの作品のセリフを流し続けて、つぶやきを全体として見たら、元の作品の独創性であることがわかる場合には、権利の侵害とな ります。また、他人の作品をそれとわかるように引用することは許されていますが、あくまでも自分の表現を主、他人の表現を従とするような関係でなければな らないので、botで他人の表現だけを延々流し続けるようでは引用とはいえません。」(さくら弁護士)

 なお、歌詞についてもアニメや漫 画のセリフと同じ考え方が適用されるが「楽曲を管理する団体があるので少し厳しくなるかもしれませんね」と、さくら弁護士は話す。実際、日本音楽著作権協 会(JASRAC)は2012年に“個人ブログなどにおける歌詞掲載利用の許諾”のガイドラインを発表しているが、許諾の範囲は限定的、しかも難解であ る。botで繰り返し歌詞をつぶやき続けることが大丈夫かどうかといえば非常にあやしい。

 [C]で、ナポレオンや福沢諭吉といった歴史 的偉人の名言をbotがつぶやくことについては、著作者が死亡してから50年で著作権は消滅するため、セーフ。別のケースとして、タレントがテレビ番組で 発したトーク内容を“○○発言集bot”のような形でbot化しているものもある。さくら弁護士によると「著作物として保護されるのは、創作的な表現で文 芸や学術の範囲に属するものなので、テレビ番組で話した内容はそのタレントの著作物にあたらないものが多いでしょう。」という。

 ここま でプロの法律家に話を聞いてきて、botでの権利侵害は“意外に判断が緩やかだけど100%大丈夫とは言い切れない”、なかなか難しい部分を多く含むよう に感じられた。最近はbotを気軽に作れる無料サービスも充実しており、自分がフォローする側だけでなく、bot運営者になれるハードルは下がってきた。 もし好きなアーティストがいたりお気に入りのアニメを広く知ってもらいたいと思ったりしても、botを作る時は“一般的なファン活動の範囲”でとどめてお くよう心がけたい。

 島田さくらさん
弁護士法人アディーレ法律事務所 所属弁護士(東京弁護士会所属)

 自身の 過去のオトコ運の無さからくる経験(元カレからのDVや、妊娠が発覚した翌日にカレから別れを告げられたこと)をもとに悩める女性の強い味方として男女ト ラブル、さらには労働問題などを得意分野として多く扱う。シングルマザー弁護士として、相談者の悩みを解決するかたわら、家庭では子育てに奮闘している。

JAL「スカイWi-Fi」、一足先に使ってみた

日本航空(JAL/JL、9201)が7月23日からスタートする、インターネット接続サービス「スカイWi-Fi」。サービス開始前に実施した体験搭乗会に参加して、いろいろと試してみた。スピードはどうだったのか。端末の違いによる使用感は──など、リポートする。


◆アカウントは地上で作成しておこう

 接続サービスは米gogo社のシステムを使用。ログインするにはgogoのアカウントが必要だ。搭乗してからアカウントを作成することもできるが、地上滞在時に作成することをおすすめする。

 スマートフォンやタブレットを電話回線から遮断する「機内モード」などに設定してから搭乗。電源を切るのも忘れずに。シートベルト着用サインが消えた ら、いよいよ接続してみる。機内モードのまま、Wi-Fiをオン。ワイヤレスネットワーク「gogoinflight」を選択しブラウザを立ち上げると、 専用ページを表示。4つの動画チャンネルや観光情報を楽しむことができる。

 さらに、現在地や到着までの所要時間なども表示。今までは機内エンターテインメントで提供していたものを、手持ちの端末で楽しめるようになった。

◆テキストの閲覧は問題なし

 ツイッターの更新や閲覧、テキストメールの送受信などを、スマートフォンで試してみた。ツイッターは画像や動画付きのツイートの読み込みに少々時間がか かるものの、おおむね快適だった。テキストメールは、地上にいる家族に向けて送信。数往復してみたが、普段どおりに使うことができた。

 当日はノートパソコンとタブレット、スマートフォンを持ち込み、それぞれでインターネットに接続してみた。1アカウントで複数の端末から同時接続はできないので、同時に接続したい場合には端末数分のアカウントが必要となる。

 データ量は1機あたり30メガビット毎秒(bps)。これをユーザー同士で分け合って接続する。手持ちの端末で下りの速度を計測してみたところ0.66 から0.79メガbpsで、3G回線よりも少々遅い程度だった。光デジタル回線やLTEなどに慣れてしまっている人には遅く感じるかもしれない。動画や データのダウンロードなどは回線を占有してしまう。ほかの人にも迷惑がかかってしまうので、挑戦しない方がいいだろう。

 スマートフォンでは、あまりストレスを感じることもなく、比較的サクサク表示した。タブレットは表示するページにより、パソコンは若干「もっさり」気味だったように思えた。

 福岡に到着する15分前に、シートベルト着用サインが点灯。同時に、端末の電源を落とし、ネットワークも遮断された。福岡までは1時間20分、インター ネットに接続していた時間はおよそ50分だった。私はこれまで、機内では寝て過ごしていたが、これからは地上と同じように、インターネットでニュースを チェックしたり調べ物をするのもいいかもしれない。

 「スカイWi-Fi」は、羽田-伊丹線と羽田-福岡線、羽田-函館線の一部で開始。

2014年7月17日木曜日

100アプリ開発…アップルとIBM提携

米アップルと米IBMは15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると発表した。IT業界で代表的存在の両社はかつてパソコン事業でライバル関係にあったが、アップルの得意の携帯端末とIBMの顧客基盤を生かし、法人向け事業でライバルのマイクロソフトに対抗する狙いだ。

 アップルとIBMは、小売りや健康福祉、金融などの業界向けに100を超えるアプリを開発。今秋からアップルのスマートフォン「iPhone(アイ フォーン)」やタブレットの「iPad(アイパッド)」で利用できるようにする。IBMは分厚い法人顧客の基盤を生かして、アイフォーンなどの販売を促進 する。

 2社は約30年前にパソコン分野でライバル関係にあり、アップルは同社の代表的なテレビCMでIBMをやゆしたこともあった。しかし、IBMは2005 年にパソコン部門を中国レノボグループに売却するなど、法人向けのソフトやサービス提供に注力。アップルはアイフォーンなど、主に個人向けに携帯端末の販 売を急速に伸ばしており、互いにビジネスモデルが変化している。

 IBMの法人顧客からは携帯端末を生かしたサービスへの需要が高まっている一方で、アップルは法人向けのビジネス拡大が期待できることから相乗効果が見込まれ、今回の提携が実現した。法人向けソフトの販売などで存在感を発揮するマイクロソフトに対抗する構えだ。

 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は、米メディアのインタビューで今回の提携について、「かつて私たちはライバルだったが、現在ではこれほど補完的な企業があるとは思えない」と意義を強調した。


「制スマホ」学校お手上げ 半年で従来型に戻す 神戸の私立中・高

スマートフォン(高機能携帯電話)を長時間使用する「スマホ依存」などが問題となる中、学校指定の制服ならぬ「制携帯」を導入し、注目を集めていた須磨学 園中学・高校(神戸市須磨区)が昨年導入した「制スマホ」を、わずか半年間で従来型の携帯電話に戻していたことが15日、分かった。ゲームに没頭する生徒 が増えたためで、学校側は「想定外の事態」と頭を悩ませている。 

 ■昨年4月に採用

 須磨学園が制携帯を導入したのは平成22年。携帯電話を一律に規制するのではなく、正しい使用方法や危険性を学ばせることが目的で、悪質サイトのフィル タリングや閲覧時間の制限をかけた学校仕様の携帯電話(従来型)を支給。学校がサーバーを管理し、ネット上でのいじめの疑いがあった場合にメールや通話履 歴を監視するなど一定の効果をあげてきた。

 一方でスマホの普及を受け、昨年4月には高校1年生約520人分にスマホを採用。不要なゲームアプリをダウンロードできないよう、使用制限をかけられる携帯電話会社推奨のアプリを使い、「万全を期したつもりだった」(学校側)。

 しかし、スマホを初期化すればゲームアプリをダウンロードできることを生徒自身が突き止め、無断でゲームをする生徒が続出。中には学校管理のパスワード を不正入手して課金する生徒や、没頭しすぎて学校を休みがちになる生徒も現れた。保護者からは「なぜ学校が『ゲーム機』を渡すのか」と苦情も寄せられた。

 西泰子理事長は「初期化してまでゲームをしようとする生徒がいたのは、想定外だった」と話す。結局、昨年9月に保護者に知らせた上で解約し、従来の携帯 電話に戻した。「正しく使わせることが制携帯に求められる役割だが、学校が管理しきれない以上、戻さざるを得ない」(西理事長)。

 他の私立中学・高校でも対応に苦慮しているケースがみられ、「現状のスマホは、学校で管理できない」と“白旗”を上げる教育関係者も出ている。 

 ■授業中にライン

 関西のトップ高、灘中学・高校(同市東灘区)でも、授業中に無料通話アプリ「ライン」をする生徒が出てきたため、昨年9月、「授業中は電源を切る」などのルールを決めた。

 遠方から通学する生徒も多く、保護者との連絡手段が必要なこともあって、学校側は「生徒たちが使いこなせるように考えていくべきだ」として、学校への持ち込みや、休み時間の使用は認めている。

 東大寺学園中学・高校(奈良市)は、「校内では終礼まで携帯電話の電源を切る」ことを決めているが、夜間にライン上で特定の生徒の誹謗中傷が書き込まれ るネットいじめが昨年発覚。担当者は「苦慮している」と話す。今年3月には、春から中学に入学予定の保護者に「スマホを買い与える際は利便性と危険性を親 子で話し合ってほしい」との文書を配布、授業時間などに啓発を行っているという。

 内閣府のインターネット利用環境実態調査によると、携帯電話を所有する中学生のスマホ所有率は平成22年の2・6%から25年に49・6%に上昇。高校生になると10人に8人以上、83・4%が所有している。

 スマホアプリの監視システムなどを研究している大阪経済大学の中村健二准教授(情報学)は「深刻なネットいじめなどの問題もあり、スマホを規制するのではなく、学校が、生徒を見守る仕組みをつくっていくことが一番いい対策だと思う」と話している。

(朝鮮日報日本語版) 世界一狙うLINE、日本偏重を克服できるか

世界のモバイルメッセンジャー市場に戦雲がたちこめている。米ワッツアップ、中国のウィーチャット(微信)に次ぐ世界3位のLINE(ライン)が新規株式公開(IPO)で巨額の資金を確保した上で、本格的な主導権争いに打って出る準備を進めているからだ。

■日米で同時上場推進
 LINEの親会社である韓国ポータルサイト最大手ネイバーは16日、金融監督院の電子公示で、子会社のLINEが日本と米国での上場を検討していること を明らかにし、東京証券取引所など関係機関に上場申請書類を提出したと説明した。「最終的に上場するかどうかや時期は決まっていない」としたが、上場時期 は迫っているとみられる。

 LINEが韓国ではなく日本でIPOを行う背景には、日本中心の事業構造がある。LINEはネイバーが100%を出資する子会社だが、本社は東京にあ る。サービス開発も日本で行っている。役員8人のうち、代表取締役2人を含む6人が日本人だ。営業利益の80%も日本で生じている。日本がサービスの拠点 である点から、まずは日本でIPOを実施する格好だ。

 予定通りに上場できれば、LINEの企業価値は1兆円を超えるとみられる。読売新聞など現地メディアは「LINEが今年日本で株式を上場する企業で最大規模になる」と報じた。

 東京株式市場でのインターネット企業によるIPOは同じく韓国系のネクソン・ジャパン以来となる。韓国最大のオンラインゲーム業者、ネクソンの日本法 人、ネクソン・ジャパンは2011年12月、東証に上場し、当時の時価総額は5560億円に達した。それまでのインターネット企業の上場はソーシャルゲー ム業者のグリーが最大d,08年12月の時価総額は約1000億円だった。

 LINEが企業価値でネクソン・ジャパンの2倍、グリーの10倍に達すると推定されるのは、投資家がLINEの将来性を楽観していることの表れだ。

 LINEが株式の20%を株式市場で公開した場合、2000億円以上の資金を調達できることになる。

■欧米に進出
 LINEは全世界で4億8000万人のユーザーを確保している。スマートフォン(多機能携帯電話)やパソコンで無料でメッセージを送受信できるメッセン ジャーサービスを土台として、モバイルゲーム、位置情報に基づく広告、モバイルコンテンツポータルなどへと事業を拡大してきた。

 ゲーム、アプリ、漫画など外部業者が開発した多彩なコンテンツを販売する「プラットフォーム」事業モデルを構築し、成長価値が高まった。昨年の売上高は518億円で、事業性が立証された。

 しかし、LINEは事業が日本をはじめとするアジアに偏っていることが弱点だ。ユーザー全体の8分の1が日本に住んでおり、残りもタイ、台湾などアジア地域が多い。

 一方、北米、欧州での影響力は小さい。市場調査会社スタティスタによると、ドイツのiPhoneユーザーの91%がワッツアップを使用しているが、 LINEのユーザーは1%にとどまった。正確な数字は明らかになっていないが、米国でもLINEのユーザーはまだ少ない。ワッツアップはフェイスブックに 買収され、サービスの改善でユーザー層を拡大している。

 このため、LINEは日本だけでなく、ニューヨーク証券取引所(NYSE)や店頭市場ナスダックなど米国の証券市場に同時上場することも検討している。 米国上場で現地での知名度を高め、資金を確保した上で、大規模なマーケティングを展開し、ワッツアップに追い付く戦略だ。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルは16日、LINEがニューヨーク株式市場に上場申請を行う可能性があり、上場時期は早ければ今年秋になると報じ た。ネイバーのファン・インジュン最高財務責任者(CFO)は「(上場申請は提出したが)まだ最終的に上場するかどうか、上場先、上場時期などは決まって いない」と説明した。

2014年7月16日水曜日

サザビーズとイーベイ、ネット競売で提携

米競売大手サザビーズ(Sotheby's)と米インターネット競売大手イーベイ(eBay)は14日、ネット競売での業務提携を発表した。これにより、高尚な芸術品を扱ってきたサザビーズの競売が、一般大衆にも門戸を開くことになる。

 イーベイのウェブサイト上には間もなく、世界からの入札者がリアルタイムで美術品や骨董品を競り合うことができるページが登場する予定だ。サザビーズはこの仮想競売所での「主力テナント」となる。

 提携の手始めに、サザビーズのニューヨーク(New York)本店でのオークション中継をスタート。さらにテーマや時節に基づいたオークションや、サザビーズが世界に展開する競売所からの中継でも提携していくという。

 サザビーズによると、2013年の入札件数の17%がオンラインによるもので、インターネット経由の落札件数は前年比で36%増加。スマートフォン(多 機能携帯電話)やタブレット端末を使ってサザビーズのネットオークションに参加する人々も増加している。今年サザビーズのウェブサイト 「sothebys.com」を訪れた人のうち、25%が携帯端末機器からアクセスしていた。

米IBMとアップルが企業向け携帯端末で提携、秋からアプリ提供

米コンピューターサービス大手IBM<IBM.N>は15日、法人顧客向けのモバイル分野でアップル<AAPL.O>と提携すると発表した。

企業向けアプリを搭載したスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」とタブレット型パソコン「iPad(アイパッド)」が今年秋から利用できるようになる。

小売り、ヘルスケア、銀行、旅行、輸送、通信など特定業界をターゲットに100以上のアプリケーションを提供する。

IBM幹部は「企業向け端末分野での壁を取り除きたい」と指摘、企業の情報担当者はセキュリティやクラウド利用、アプリケーションのインスト面で懸念していると指摘した。

セキュリティ、モバイル端末管理、ビッグデータや分析などのサービスを提供するほか、アップルのモバイル向け基本ソフトiOSに対応したクラウドサービスも計画している。

企業向け携帯端末のセキュリティ分野の拡大を狙うカナダのブラックベリー<BB.TO><BBRY.O>は発表を受けて下落した。

米株式市場の時間外取引ではIBM、アップルともに上昇した。

<妖怪ウォッチ2>4日間で128万本 初週販売本数は25倍に激増


10日に発売さ れた「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」(レベルファイブ)の販売本数が、発売から4日間で約128万本だったことが15日、「ファミ通」を発行する KADOKAWAの調べで明らかになった。発売4日間の販売本数が約5万2000本だった前作「妖怪ウォッチ」と比べると、約25倍にまでふくれあがって おり、ブレークを裏付けた格好だ。
 「妖怪ウォッチ」シリーズは、「イナズマイレブン」や「レイトン教授」シリーズなどを手がけたレベルファイブ(福岡市中央区)のニンテンドー3DS用 ゲーム。不思議な時計を手に入れた少年が、日常に潜む妖怪と仲間になって、さまざまな問題を解決していく……という内容。マンガの連載やテレビアニメの放 送で大ブレークした。
 昨年7月に発売された前作は、約1年かけて累計約118万本を販売しており、「2」はわずか4日間で、前作の累計販売本数を上回ったことになる。

LINEが“乗っ取り”対策を強化--「PINコード」で本人確認

LINEは7月15日、被害が相次ぐLINEアカウントの“乗っ取り”対策を強化することを発表した。7月17日15時より、LINEのアプリでログインをする際には、従来の認証手順に加えて、新たに「PINコード」を用いた4桁の暗証番号が必要になる。

 5月下旬以降、LINEユーザーのアカウントが乗っ取られる不正ログインが多発している。第三者がLINEの友人になりすまして、iTunesカードや WebMoneyの購入を求め、中には実際に支払ってしまったユーザーもいる。ただし、同社からIDやパスワードが流出したわけではなく、他サービスで流 出したメールアドレスやパスワードなどの情報が何者かに渡り、悪用されたものと見られている。

 同社ではこれまで、メールアドレスとパスワードの組み合わせで本人確認をしていたが、さらにPINコードを設定することで、見知らぬ他人からの不正ログ インを受けづらくなるとしている。なお、PINコードは、電話番号の違う別のスマートフォンからLINEユーザーログインをする際に必要になるため、機種 変更で電話番号も変わる場合は、事前に設定が必要となる。      

課題が山積する「ウェアラブルデバイス」 普及はまだ先

スマートフォンの“次”として近年注目を集めている「ウェアラブルデバイス」。グーグルが新たに「Android Wear」を発表するなど取り組みが進んでいる。しかし、いまだに大きくブレイクする状況にはない。ウェアラブルデバイスの課題はどのようなところにある のだろうか。

●ウェアラブルデバイスが注目される理由とは

 身に着けて使用し、さまざまな用途に活用できるIT機器、ウェアラブルデバイス。近年大きな注目を集めており、人気が高まりつつあるようだ。

 なぜ、ウェアラブルデバイスは注目を集めるようになったのか。1つ目の理由はハードウエアの進化だ。まず、身に着けていても違和感のない現実的なサイズ にまで、機器を小型化できるようになったこと。センサー技術の発達により、動きや傾き、音などさまざまな要素に反応した操作ができるようになったことも大 きい。

 2つ目の理由は、ウェアラブルデバイスの機能を補う機器、すなわちスマートフォンが広く普及したことだ。いくら技術が大幅に進んだといっても、サイズの 制約から、ウェアラブルデバイス単体でできることにはまだ限界がある。そこでより機能が豊富なスマートフォンと連携することで、単体では実現できない多彩 な機能が利用できるようになったのだ。またスマートフォンと連携する上で、「Bluetooth Low Energy」のように、低消費電力で無線通信ができる仕組みができたことも、ウェアラブルデバイスの広がりに大きく貢献したといえる。

 そして、3つ目の理由は、そのスマートフォン自体の機能が飽和してきたことだ。すでに初代iPhoneが登場してから7年近く経過していることから、機 能的な目新しさも失われ、スマートフォンの進化が停滞してきたといわれている。そうした中、次の新しさを求める人達が、ウェアラブルデバイスに注目するよ うになったわけだ。

 ウェアラブルデバイスといっても、その幅は広い。多くの人は腕時計型や眼鏡型のデバイスを想像することだろう。実際に注目を集めるデバイスも、そうした 形状のものが多いようだ。腕時計型デバイスとしてはソニーの「SmartWatch」シリーズやサムスン電子の「Gear」シリーズが市場に投入されてい る。一方、眼鏡型デバイスとしては一般には未発売ではあるものの、グーグルの「Google Glass」が人気となっている。


 ●グーグルも「スマート腕時計」へ力を入れる

 各社は、ウェアラブルデバイスの開発を積極的に進めている。中でも最近、大きな動きとして注目されたのが、米国時間の2014年6月25日に開催された グーグルの開発者向けイベント「Google I/O」で発表された「Android Wear」だ。これは、腕時計型などウェアラブルデバイスに向けたAndroidプラットフォームである。

 従来、汎用的なウェアラブルデバイス向けのOSがあまり存在しなかったことから、各社は、独自のOSを搭載したり、Androidをカスタマイズしたも のを搭載したりするなどして対応していた。だがスマートフォン向けOSで高いシェアを持つグーグルがAndroid Wearを提供したことで、メーカーがAndroidスマートフォンと連携したウェアラブルデバイスを開発しやすくなった。

 実際、すでにLGエレクトロニクスの「G Watch」と、サムスン電子の「Gear Live」の2機種が市場に投入されており、日本でもGoogle Playを通じて購入できる。今後もAndroid Wearを搭載した機器が多く登場すると考えられ、そのバリエーションが大きく広がることが期待されている。

 また、提供されているウェアラブルデバイスを有効に利活用するための取り組みも、積極的に進められている。5月26日には、総務省中国総合通信局と山 陰・山陽スマート観光プロジェクト推進協議会が、Google Glassを活用してAR(=Augmented Reality 拡張現実)を用いた観光案内の実証実験を実施した。具体的には、ソフトバンクモバイルが開発した「ふらっと案内 for Google Glass」を用い、広島の原爆ドーム周辺の観光情報をGoogle Glass上で表示して道案内を行った。
●課題が山積、「盗撮」の懸念も

 このように、開発や活用に向けた動きが活発化しており、注目度が増しているウェアラブルデバイス。しかし、一方で実際に市場に登場した商品が人気を博しているかというと、必ずしもそうではないというのが現状だ。

 その理由としては、まず、ウェアラブルデバイスを利用することによるユーザーメリットがまだ明確ではないことが挙げられる。例えば、腕時計型デバイスに 多い、メールの新着などスマートフォン上の最新情報が、素早くチェックできるという機能。これは、使ってみれば確かに便利ではあるものの、高価なデバイス を購入してまで実現したいかと言われると、そうではないと感じる人の方が多いのが現実だろう。

 そして、もう1つは、既存のデバイスと比べてデメリットがまだまだ大きいことだ。例えば、腕時計型デバイスの場合、バッテリーで数日は動作するものの、 1つの電池で数カ月~数年は動作する通常の腕時計と比べると、こまめに充電しなければならない不便さがある。また現在は機能面での取り組みが優先されてい るため、デザイン性に乏しいという声も少なからずある。

 眼鏡型デバイスは、開発中のものが多いだけに、いっそう課題は多い。例えば先の広島における実証実験においても、実験中にGoogle Glassのバッテリーが切れてしまい、利用できないというケースが発生していた。また体験者からは、「Google Glassの表示位置がやや上になりがちで、表示を見るには、目線を上げる必要があり、そちらに気を取られて足元が見えなくなる」という声も出ていた。

 そしてもう1つ、ウェアラブルデバイスにおける倫理面での議論がまだ進んでいない点も、気になるところだ。例えば、一部の時計型デバイスには、カメラ機 能が搭載されていることから、盗撮を懸念する声も上がっていた。また眼鏡型デバイスにおいても、目の前にいる人の顔を認識し、個人情報を取得する仕組みの 実現が不可能ではないことから、社会的影響に関する議論が求められるところだろう。

 ウェアラブルデバイスは話題性が高い一方で、市場的には、ようやく立ち上がったばかりという状況だ。ハードウエア、ソフトウエアの両面でまだまだクリア するべき課題が多い。それだけに、多くの人が日常的に利用する存在になるためには、まだ長い時間がかかる可能性が高いのではないかと筆者は感じている。

Google、製薬大手のNovartisと提携―血糖値測定コンタクトレンズなどを5年以内に実用化へ

Googleは大手製薬会社のNovartisに対して血糖値を測定できるスマート・コンタクトレンズのテクノロジーをライセンスしたことを発表した。こ のコンタクトレンズが実用化されれば、糖尿病患者が苦痛なしに連続的に血糖値をモニタできるようになる。今後の開発はNovartisのAlconアイ ウェア事業部が担当する。NovartisのCEO、Joe JimenezはFinancial Timesのインタビューに答えて、「商用化に5年以上かからないよう期待している」と述べた。

GoogleとNovartisはまた別種のスマート・コンタクトレンズの開発でも協力していくという。これは現在、2焦点の遠近両用眼鏡を必要している人々がコンタクトレンズを利用できるようにする自動焦点調節機能を備えたコンタクトであるらしい。

有力テクノロジー企業が次々にヘルス、医療分野に参入する中で、今回明らかになったGoogleのアプローチは全く異なるものだった。Novartisの CEOはFTに対して、Googleの支援によって開発される血糖値測定や自動焦点調節機能を備えたスマート・コンタクトの市場は年間100億ドルから 10年後には500億ドルにも上るだろう(アメリカの糖尿病患者数は増加を続けている)と述べた。

Googleの血糖値測定センサーとワイヤレス・チップの研究はマスコミに大きく取り上げられたが、本当に巨大な市場となる可能性が高いのは視力補正のス マート・コンタクトだ。もしGoogleが現在のデジタルカメラに備わっているようなオートフォーカス機能を備えたコンタクトレンズの開発に成功するな ら、遠視、近視など目の焦点調節能力の障害の度合いに応じて、また読書や運転など用途に応じて多種類の固定焦点レンズを必要とする現在の不便が一挙に解消 される。誰もが一種類のコンタクトレンズですむという理想的な解決策が得られる。

視力補正アイウェアは現在アメリカで100億ドルの市場となっている。Novartisとの提携でGoogleはこの市場で強力な地位を築くことを狙っているようだ。

〔日本版〕ラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリンがGoogleを語る―ヘルス分野は規制が重荷、手を広げすぎた方が実は効率的という記事で、ラリー・ペイジ は「ヘルス分野は規制が煩瑣過ぎる。参入するするには苦労が大きい。私が長時間を費やしたいようなタイプの仕事ではない」と述べたため、Googleのヘ ルス医療分野に関する今後の戦略に注目が集まっていた。Googleは規制のクリアや販売、サポートという膨大な手間のかかる非テクノロジー的作業にリ ソースを費やすことを避け、十分なノウハウを蓄積したNovartisのような有力パートナーにそれを分担させるというアプローチを取ったようだ。

2014年7月15日火曜日

グーグル「Chromebook」日本上陸--まずは企業と教育機関向け

グーグルは7月14日、日本国内の企業や教育機関向けに、ノートPC「Chromebook」および「Chrome管理コンソール」の提供を開始したと発表した。

 Chromebookは、ウェブブラウザである「Google Chrome」を基本ソフトとしたノートPC。Gmailやドキュメント、スプレッドシートなどのウェブアプリが利用可能で、インターネット接続のない場 所でも作業ができる。オフライン時に作業した差分データは、ネット接続時に更新される。仮想化技術やサードパーティが提供するソフトウェアを利用すれば、 既存のアプリケーションも継続して使用可能だ。

 Chrome管理コンソールを使用することで、組織内で利用する複数のChromebookのユーザー、デバイス、アプリケーションなどを、管理者が一 括管理できるようになる。なおグーグルによれば、Chromebookを導入する場合、従来のコンピュータと比較して3年で約50万円の管理費が削減でき るという。

 販売が決定しているメーカーと発売タイミングは、Acerが7月、Asusが8月、Hewlett-Packard(HP)が9月。Dellと東芝は近 日中に発売日を発表するそうで、他のメーカーによる販売は検討中とのことだ。価格は未定。なお、米国ではオープン価格で200~300ドルとなっている。

 グーグルでは、一般向けの販売を引き続き検討している。今回、日本国内の企業や教育機関向けに先行販売する狙いとして、同社エンタープライズ部門マネー ジングディレクターの阿部伸一氏は、「パートナー企業と良い事例を作ることで、今後より大きな市場に参入する際に大きなメリットがある。また、日本の企業 で事例があると裾野が広がっていく」と語った。      

なぜスマホに子守りをさせてはダメなのか


 ■子どもを「鬼から電話」に叱ってもらう親

 イクメンという言葉もあるが、共稼ぎで交互に子どもの世話をしているとき、忙しさにかまけて、ついスマートフォンの子育てアプリに頼るケースも増えているようである。

 たとえば、「おにから電話」というアプリがある。子どもが言うことをきかないとき、寝ないとき、歯磨きをしないとき、片づけをしないとき、薬を飲まない とき、これを起動すると、着信があり画面に鬼が出てくる。これを子どもに見せて効果があれば「拒否」、効果なしなら「通話」ボタンを押す。すると鬼が電話 口から「また言うことをきかないんですか」とおそろしい顔をこちらに見せて、「こら!  言うことをきかないと、からいからい鍋に入れて食べちゃうぞ」な どと脅す。小さな子は怖がって、泣き出したり、親に謝ったりする。

 それで「効果抜群」と重宝したり、「躾に使える」とありがたがったりする親もいるらしい。子どもが「恐い、恐い」「やめて、やめて」と泣き叫ぶ様子を、笑いながら見ている自分もいっしょに動画におさめて、ユーチューブに投稿した母親や父親もいる。

 昔はおっぱいを飲ませたり、子守唄を歌ったり、おとぎ話を聞かせたりする際に、肌を通じて赤ん坊に伝わる母親のあたたかい鼓動が子育ての重要な要素だっ たし、もちろんいまでもこれが子育ての本流だろう。しかし、テレビが登場したとき、テレビを子守に使わないようにとの忠告が出されたように、いまや「スマ ホに子守をさせないで」という警告が発せられるようになった。
■言語の発達の遅れ、親子の会話がなくなる

 一般社団法人日本小児科医会は昨年12月、文字通りそう呼びかけるポスター(http://jpa.umin.jp/download/update /sumaho.pdf)5万枚を全国の医院や保育園などに配った。ポスターでは、子育てアプリが赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性や、親子ともにメディア 機器漬けになって相互の会話や体験を共有する時間が奪われるおそれなどが指摘されている。

 同医会の「子どもとメディア」対策委員の一人である小児科かずえキッズクリニック(渋谷区)の川上一恵院長はこう語っている。

 「生後8カ月ほどの乳児でもタブレットを与えると、すぐに指で画面を動かすことを覚えます。しかし、そればかり与えていると、本をめくる動作もできなく なり、紙の雑誌で同じような操作ができないのでかんしゃくを起こします。スマホやタブレットばかり見ていると、子どもの目は近視になりやすく、言語発達も 遅れ、親子で会話をしなくなったり、親と目を合わせなったりするといった弊害も出ています。しかし、1週間、テレビを含めてメディア機器から遠ざけると回 復し、笑顔も出て、親と関わり合いを持つようになるのです。だから、親がスマホを使うなとはいいませんが、子どもに勝手に使わせて、スマホ漬けにすること は避けるべきだと思います」

 同院長は渋谷区の小学校の校医も務め、10年以上前からメディアが子どもに悪影響を与えないように指導をしてきた。その小学校の保護者に対して2013年7月にアンケート調査を行ったところ、スマホを持つ親は6割以上おり、その大半が子ども向けアプリを使っていた。

■スマホ子守りが幼児に与える悪影響

 ネット上で幼児・子ども向けアプリを検索すると、無料のアプリが驚くほどあふれている。お絵かき、塗り絵、パズル、絵本、数や言葉遊びなど、いわゆる学習型アプリが多く、子どもを遊ばせるタイプは3割だったと、同院長は言う。

 「絵本の読み聞かせアプリを使っていたお母さんは『なぜ子どもにスマホを与えてはいけないのか』と私に質問しました。タブレットで絵本を見ながらお母さ んが読み聞かせるならばいいですが、画面の小さなスマホを与えて、子どもがじっと見ていたら目にも悪いし、弊害が多いですよと説明しましたが、『与えてお くと子どもが静かにしているのでいい』というお母さんも多い。子どもはスマホではなく親に遊んでほしいと思っているのです」

 さらにこう警鐘を鳴らす。

 「子どもとの関わり方を変えないと、子どもは親の言うことを聞きません。いつもネガティブな言葉で叱ってばかりいるので、次第に叱るのが苦痛になり、自 分が怒らないで済むようにスマホを与えたり、鬼のアプリを使うのでしょう。そうではなく、子どもを認め、こまめにほめるように育て方を変えると、すぐに子 どもも変わります。当クリニックにいらっしゃるお母さんたちにちょっとしたコツを教えるだけで、変わります。私達はもっと育児について親御さんに教える機 会を作らないといけないと思っています」

 スマートフォンは便利な道具である。よくできたおもちゃとして、たまに遊ばせる(遊ぶ)のはいいだろうが、それに子育てをゆだねてしまうとなると、幼児に与える影響は大きい。

 最近では、電車や路上で母親がスマホに夢中になり、ベビーカーで泣いている子どもを無視したり、「うるさい! 」と怒鳴りつけたりしている光景も見られる。そのように育てられた子どもの将来はどうなるのか、ここはよく考えてみるべきだろう。

フィッシング対策協議会、ODNかたるメールに注意を呼びかけ

JPCERTコーディネーションセンターのフィッシング対策協議会は14日、ODNをかたるフィッシングメールを確認したとして、ODN利用者に注意を呼びかけた。

今回確認したフィッシングメールには、メール本文にEメールやユーザ名、パスワードなどを記入させてメールでの返信を促すもの、フィッシングサイトへ誘導するものの2つのタイプを確認したとしている。

同協議会では、14日14時現在もフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中であるとしている。また、ODN利用者には、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があること、フィッシングサイ トでログインに必要な情報を入力しないように呼びかけている。

狙われた女性たち…「歩きスマホ」は無防備のサイン、犯罪被害も誘発

スマートフォンの画面を見たり、操作しながら移動する「歩きスマホ」。視野が狭くなり、人とぶつかるだけでなく、駅のホームや階段から転落するなどの事故 が全国で相次いでいる。そんな中、歩きスマホの女性が襲われる事件が大阪市内で連続発生した。6月下旬の2日間だけでいずれも20代の女性5人が、手にし ていたスマホを自転車の男にひったくられたのだ。「歩きスマホ=無防備」となっている現状がうかがえる事態で、もはやマナーやエチケットだけの問題ではな く、犯罪被害に直結する問題になっている。

■狙われた女性たち

 一瞬の出来事だった。6月23日午前0時半ごろ、大阪市中央区道頓堀の歩道で、女子大生(20)がスマホでメールしていたところ、自転車の男にスマホをひったくられた。

 約10分後には、現場から約800メートル南西の路上で、女性会社員(22)が後ろから自転車で近づいてきた男に追い抜きざまに手に持っていたスマホを奪われた。女性会社員は仕事帰りで、無料通信アプリ「LINE」で友人と連絡を取っていた。

 さらに、同日午前1時5分ごろにも、浪速区桜川の路上で、アルバイト女性(21)が同じくスマホをひったくられた。23日だけでも3件が発生した。

 事件はこれだけで収まらず、翌24日にも連続発生した。

 24日午前2時20分ごろ、西区北堀江の路上で女性会社員(24)が、その5分後には約1キロ南東の路上で無職女性(23)がそれぞれ後ろから自転車で 近づいてきた男にスマホを奪われた。2人ともスマホを手に持った状態で、女性会社員は携帯電話にイヤホンをつないで音楽を聴いているところだった。

 2日間で5件も発生した歩きスマホの女性を狙ったひったくり事件。いずれも未明に1人で歩いていた若い女性がターゲットになっており、大阪府警は同一犯の可能性があるとみて、窃盗容疑で捜査している。

■指摘されてきた危険性

 スマホの爆発的な普及によって、歩きスマホ問題は突如浮上。関連する事故は全国で多発している。

 東京消防庁が、島などを除く都内で平成22~25年に発生したスマホや携帯電話の関連事故をまとめたところ、計122人が救急搬送され、うち1人は死亡 していたことが判明した。死亡した人は、歩きながら携帯電話を見ており、警報機が鳴っているのに踏切内に入り、電車にはねられた。

 大阪市交通局によると、市営地下鉄御堂筋線淀屋橋駅で昨年10月、10代の少年が携帯電話を操作していてホームから線路に転落し、負傷した。

 駅のホームや踏切での事故だけでなく、街中で歩きスマホの危険を感じている人は多い。ある検索大手企業が今年4月にインターネットで歩きスマホの意識調 査をしたところ、「法律や条例での規制が必要だと思う?」との質問に対し、回答した延べ4万9747人の75%にあたる延べ3万7290人が「必要だと思 う」と答えた。

 こうした実態を受けて、スマホを取り扱う大手通信会社も対策に乗り出している。

 ソフトバンクは5月、歩きスマホ対策のアプリケーションの提供を開始した。このアプリでは、スマホの画面を見ながら歩くと歩行中であることを検知して警告画面を表示。警告画面が表示されている間は、操作ができなくなり、立ち止まると再び操作が可能になる。

 NTTドコモは、ネットで「東京・渋谷のスクランブル交差点で1500人が歩きスマホで横断した」という設定でシミュレーションした動画を公開。446件の衝突と103件の転倒事案が発生するという結果とともに「危険です、歩きスマホ」と呼びかけている。

■痴漢や暴行事案も

 歩きスマホが事故を誘発する危険性はこれまでも指摘されてきたが、今回の連続ひったくりは、歩きスマホが犯罪被害者になる可能性を高めることも示した。 ある捜査関係者は「若い女性というだけでなく、歩きスマホによって視野が狭くなっているため、抵抗されにくいと考えて狙われた可能性がある」と分析し、歩 きスマホが“無防備”のサインになっていることを懸念する。

 また、スマホそのものの商品価値が十分に高いこともあり、これまでも携帯電話販売店に何者かが侵入してスマホが盗まれる事件が全国で発生してきた。今回 のようなひったくりも転売や改造しての使用が目的とみられ、捜査関係者は「店に侵入すると防犯カメラに映ったり、非常ベルが作動する可能性もある。周囲へ の注意力がなくなる歩きスマホのほうが、盗みやすく捕まるリスクも低いと考えたのではないか」と話す。実際、犯行時間が未明だったこともあってか、被害に あった女性の中には犯人の男が乗っていた自転車の色や形も認識できなかった人もいた。

 防犯活動に詳しい立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は「歩きスマホを狙った犯罪はひったくりだけではない。痴漢や暴行など他の路上犯罪の被害者になった事 案も多々ある」と話す。歩きながらスマホを見ないようにするのが最も効果的な対策なのだが、アプリの操作が生活の一部になっている人には、ポケットに入れ たままにしておくのは難しい。小宮教授は「路上でスマホを操作するときは周囲の状況を確認することが大切だ。歩きスマホをしていると犯罪の被害者になりや すいことを自覚し、今いる場所が犯人にとって犯行しやすい場所であるかどうか考えてからスマホを手にするべきだ」と指摘している。(レステルぶろぐ)

「iPhoneは国家安全保障の脅威」、中国の主張に米アップル反論

米IT大手アップル(Apple)は、同社のスマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」が、持ち主の移動する場所と時間を追跡する機能によって国家安全保障を脅かしているとの中国国営メディアの報道について、全面的に否定した。

「フリークエント・ロケーションズ(よく行く場所)」機能は、2013年9月に発売されたアイフォーンの現行世代に搭載されている基本ソフト「iOS 7」上で提供されており、ユーザー自身でオンとオフの切り替えができる。

 中国中央テレビ局(CCTV)は11日、北京(Beijing)の中国人民公安大学(People's Public Security University)インターネット・セキュリティー研究所(Institute for Security of the Internet)のMa Ding所長の見解として、同機能が国家機密の収集に利用される可能性があると指摘した。

 アップルは、同社の中国版ウェブサイトに12日に掲載した中国語と英語の声明で、中国側の主張を強く否定。「以前にも述べたように、製品やサービスに 『裏口』を設けるために、いかなる国の政府機関とも連携したことはない」「同社のサーバーへのアクセスを許可したことも一度もなく、これからもそうするつ もりは決してない。こうしたことを、われわれは非常に強く感じている」などと説明した。

 同社はまた、アイフォーンのGPS(全地球測位システム)について、利用者が近くのレストランを探したり、天気予報や職場への移動にかかる時間をチェッ クしたりするなど、実用目的のためであることを強調。「こうした情報収集時には、端末や利用者と固有に関連付けられるデータは、アイフォーンから一切発信 されていない」としている。
(レステルぶろぐ)

グーグルに7万件の削除要請--「忘れられる権利」判決で

欧州の新しい法律に伴い、ユーザーの要請があった場合に検索結果へのリンクを削除することを求められているGoogleは、その対応に苦戦している。

 Googleの最高法務責任者(CLO)を務めるDavid Drummond氏は米国時間7月10日に掲載されたコラムで、5月に「忘れられる権利」を認める判決が下されて以来、25万もの個別のウェブページにわ たる7万件を超える削除要請が同社に寄せられていることを明かした。ほとんどの場合、ユーザーからの情報が乏しく事情があまり示されていない中で、 Googleのチームはそれらの要請を確認しているという。

 Drummond氏は、Googleは今でも判決には異論があるが、それに従うためにできる限りのことをしていると述べた。どの検索結果を削除するべきかという判断に用いられる審査基準は「非常にあいまいで主観的」であるため、容易な作業ではないと同氏は付け加えた。

 Drummond氏によると、どの要請に応じるべきかを判断するために、Googleのチームはいくつかの項目を考慮に入れているという。情報は、有名 人などの公的な人物に関するものか。信頼できる情報源からのものか。発信された時期はいつか。政治的意見に関連するか。政府が発信した情報か、などの項目 だ。しかし、どれだけ多くの基準を取り入れても、「判断は常に困難で、議論の余地が残る」という結果になることをDrummond氏は認めた。

 Googleはこの作業の緩和を目的に、専門家で構成される諮問委員会とDrummond氏が呼ぶものを設置した。目的は、報道機関、学術機関、技術業 界、データ保護などの分野の人物から独立したアドバイスを得ることで、Googleはそのアドバイスによって、明らかに気に入らないが従わなければならな い法律に対処するつもりだ。

エリアフリー聴取は需要あり――「radiko.jpプレミアム」会員が3カ月で10万人を突破

radikoは7月14日、「radiko.jpプレミアム」の登録会員数が4月1日のサービス開始から約3カ月間で10万人を突破したと発表した。好調 の理由について同社は「配信エリアの枠を超えてラジオが聴きたい、というユーザーの需要が予想以上に大きかったため」と分析している。

 「radiko.jpプレミアム」は、「radiko.jp」で配信しているラジオ番組を日本全国で聴取可能にする有料サービス。現在、聴取できるラジ オ局は62局(7月14日現在)で、さらに8月1日から「ラジオ福島」が参加する予定だ。料金は月額350円。同社によると、ユーザーからは「懐かしい地 元の番組が聴けてうれしい」「出張先でいつもの番組が聴けるから便利」などの声が寄せられているという。

●W杯中継で「radiko.jp」が過去最高の瞬間アクセスを記録

 また同時に、6月20日(金)の午前8時台に「radiko.jp」全体の瞬間アクセス数が16万2000と過去最高を記録したことも明らかにした。こ の時間帯は、民放ラジオ59局による「2014 FIF ワールドカップ実況中継 日本対ギリシャ」が放送されていたが、当日のアクセスデータを分析したところ、全ユーザーの86%がスマートフォンでの聴取だったという。「同番組の配信 時間が平日の6時40分から9時10分であったことから、朝の通勤・通学といった移動中が多かったとみられる」(同社)。

 また番組の開始前後や放送中には、「radikoで日本戦が聴ける」「ラジコでニッポン応援中」といったツイートやコメントがSNSのタイムライン上に多く見られ、アクセス数が増えた要因の1つに、SNSによる話題の拡散があったと見ている。

【PR】肉景品

土砂災害の前兆把握にツイッターなど活用 国交省

国土交通省は7月14日、土砂災害の前兆現象を把握するため、ツイッターなどの「つぶやき情報」を活用するための官民共同研究を始めると発表した。
 自然災害による死者のうち、約4割が土砂災害によるもので、適切な避難をするためには、「山鳴り」や「流木の流出」などの前兆現象の発生を把握すること が重要。災害が発生する現地でしか知り得ない情報を住民などが発する「つぶやき情報」から入手し、予兆や発生を検知しようとする試みだ。
 ツイッターなどのビッグデータ情報をリアルタイムに分析し、土砂災害の危険性が高まっている地域を絞り込み、前兆現象に関する情報や発生状況を迅速に把握する技術を確立していく。
 共同研究は、国土技術政策総合研究所と富士通研究所で14年7月から15年度末まで行う。

【PR】カラコンパーク

2014年7月11日金曜日

放送のネット“文字おこし”は問題あるの?

テレビやラジオ、あるいはネット動画で著名人らが話した内容を活字に書き起こし、インターネット上で紹介する人が増えている。著作権のルール上は、許諾を 得ずに無断でこれらを利用することは認められないはず。だが、「ネットで書き起こされる流れはもう止められない」と指摘する声もある。当事者たちは、どう 考えているのだろうか?

ネット上では、ラジオの放送内容をベースにしたブログなどがいくつも見られる。中でも、本格的なラジオ番組の書き起こしサイト「ラジおこし」は、今年5月 に発足。ニッポン放送やTBSラジオ、文化放送など、主要なラジオ局が放送する番組の一部を書き起こし、サイトで無料で閲覧できるようにしている。1日2 本ほどの記事をアップしており、月間の閲覧数(ページビュー)は早くも15万ほどに上っているという。

また、今年3月に放送されたフジテレビ「笑っていいとも!」の最終回では、司会のタモリさんとビートたけしさんのやりとりなども書き起こされ、ネット上で多数出回った。この結果、多くの人がテレビを見ずにそのやり取りを知ることとなった。

日本大通り法律事務所(横浜市)の喜多英博弁護士は「放送の内容を文字にすることは、『引用』の範囲内なのかどうかが問題になります。出所を明示した上で カギカッコをつけるなどして、自分の著作物と引用部分をきちんと区別して、あくまでも自分の著作物の一部として引用するならば著作権侵害の問題は起きませ ん。が、まるまる文字起こしして、それ自体を商品として利用することは著作権侵害に該当する可能性が高くなります」と指摘する。

特に、映像がなく音や言葉だけで伝えるラジオにとって、活字による再現は比較的容易だ。権利が侵害される恐れが強いが、一方で若者のラジオ離れが進む中、 ネットでラジオを話題にされることは、新たなリスナー開拓につながる機会にもなり得るはず。こうした動きを、ラジオ各局はどう受け止めているのだろうか?

ニッポン放送(東京都千代田区)の担当者は「基本的に好ましくないと考えています。例えば、個人で楽しむために放送を録音するのは問題ない。が、人に貸し 借りするのはアウト。それを考えると、放送のリアルタイムで打つならまた別ですが、おそらく録音して書き起こしているはずなので、そこで放送局の権利を侵 害している可能性がある。また、再現されない前提で放送しているから、勝手に出されるのは演出上困るということもあります。書き起こしがラジオの宣伝にな る側面もあるでしょうけど、本音はオンエアを聞いてほしいですね」と話す。

一方、TBSラジオ(東京都港区)の関係者は「書き起こしサイト?よく知りませんでした。そのサイトを見る人の数は、我々のリスナーの人数からすれは、取 るに足らない数では、という印象。今すぐ対応すべき案件ではないと思うが、違法な行為には違いないので、やっている人には辞めた方がいいんじゃないです か、と言いたい。ただ、あまりにメジャーになってきたなら、こちらも対応を考えないといけませんね」と話した。

著作権について、書き起こす側の人はどう考えているのか?「ラジおこし」を運営する千葉大学工学部4年生の下津曲浩さん(21)は、「著作権としては、た しかにグレーといえばグレー。ただ、著作権は親告罪で、ご本人からの申し出があって初めて問題になります。削除の要望があれば、すぐに消します。でもこれ まで、クレームが来たことはまだありません。個人的には、ネット時代にこうしたサイトがどんどん出てきてもおかしくないと思います」と話す。ネット広告か らの収入は月1万円ほどあるが、外部のライターへの書き起こし発注費などがかかり、収支は赤字。それでも「将来は、全国の放送局のラジオ書き起こしプラッ トフォームに育てたい」と意気込む。

ブロガーのイケダハヤトさんは、自身のブログで「『部外者』は著作権違反について騒ぐな:テレビ・ラジオの書き起こしは流れになるよ」というタイトルの記 事を書いている。その中で、今後は公開された音声コンテンツは勝手に書き起こされるのが当たり前になっていく、と予想している。インターネットからは 日々、次々と新しい動きが起きており、今後も旧来メディアとの絡みで、権利関係の議論が続きそうだ。(レステルぶろぐ)

【PR】業務用洗剤

「会話ロボット」広がる市場 介護施設など導入、人手不足追い風

人手不足が日本経済の懸念材料となる中、介護などの現場で人とコミュニケーションをするロボットの活用が広がっている。これまでロボットは工場の組み立て 作業を行う産業用が主流だったが、人工知能(AI)などの技術開発が後押しし、サービス用のロボットが増えている。国内のロボット市場全体の規模は 2035年に6倍になるとの予測もあり、異業種も含めた開発が加速している。

 6月下旬、横浜市泉区の日帰り介護サービスセンター「ツクイ横浜中田」。富士ソフトの人型ロボット「パルロ」がソーラン節を歌ったり、落語も披露するな どして、その場にいた高齢者17人を楽しませた。最初は表情が硬かったものの、パルロが愛嬌(あいきょう)のある声で話すたびに自然と笑いが広がった。 83歳の女性は「慣れると次第に親しみがわいてきた」と笑顔で語る。

 介護サービスを展開するツクイでは、高齢者との新たなコミュニケーションをロボットが生み出す可能性があると考え、昨年から試験的に導入した。背景には、高齢者の介護施設で行うレクリエーションが現場職員の負担となっていることがある。

 新たな出し物を毎日提供できるパルロへの関心は高く、富士ソフトロボット事業部の上竹淳二課長は「今年は問い合わせが前年の5倍以上ある」と話す。

 一方、シャープは2年前にAIの「ココロエンジン」を搭載したロボット掃除機「ココロボ」を発売。ごみがたまると「苦しい」と人間のように話す機能もあり、1年間で10万台が売れた。インターネット経由で運用するクラウドと連携する機能を昨年、新たに取り入れた。

 NECもクラウドと連携した見守りロボット「パペロ プティ」を開発し、一般家庭への普及を目指す。台風の目となりそうなのがソフトバンク。来年2月に発売する「ペッパー」は、人の感情をより理解できるロボットにする考えだ。

 かつて、ソニーのペット型ロボット「AIBO(アイボ)」がブームとなったが、製造コスト面から撤退を余儀なくされた。ただ、最近ではAIの発達やクラウドとの連携でロボットが人間により近くなってきた。

 今後、さまざまな分野でロボットの活用が見込まれており、経済産業省は国内のロボット市場が35年には15年比で約6倍の9兆7080億円になると予測している。政府もロボット産業を新成長戦略に組み入れた。

 米グーグルが関連ベンチャーを相次いで買収するなどロボット分野に進出したり、強化する動きが大手企業の間で加速している。産業用で先行してきた国内 メーカーだが、家庭用では消費者のニーズに合った機能やサービスをいかに迅速に実現できるかが、国内での普及とともに海外メーカーとの競争に打ち勝つ鍵を 握りそうだ。

アマゾンに代金返還請求=子供の無断購入めぐり―米当局

米連邦取引委員会(FTC)は10日、子供が親に無断で携帯端末用ゲームのアイテムなどを購入し、高額請求される問題をめぐり、米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの請求は違法だとして、同社に代金の返還と改善策を求め、ワシントン州の連邦地裁に提訴した。

アマゾンはスマートフォンやタブレット型多機能携帯端末用のアプリ配信サービスを展開。ゲームなどのアプリ内では、アカウント上に登録されたクレジット カードでアイテムや仮想通貨を購入できる。

FTCによると、同社のサービスでは、一度パスワードを入力すると一定時間は再入力の必要がなく、子供が親のア カウントから勝手にアイテムなどを購入するケースが相次いでいる。 

なぜ今アメリカのKickstarterでは「ポテトサラダ」に4万ドルも集まるのか

オハイオ州の男性が初めてのポテトサラダ作りのために必要な10ドルを調達しようとクラウドファンディングサイトKickstarterを利用した。すると4万ドルもの資金が集まってしまい、今アメリカはその話題で持ちきりとなっている。

いったいこの国はどうなってしまったのだろうか。アメリカ発の食べ物でもなんでもないただの付け合わせの料理に、なぜこれほどの注目と資金が集まってしま うのだろう。ちなみにアメリカでは定番のアンブロシア・サラダのほうは資金調達に失敗している。そろそろアメリカ人は、いや少なくともインターネット上で は、みんなとっとと店をたたんだほうがいいのだろうか。

「これほどまでに集まるとは思ってもいませんでした」このポテトサラダ・プロジェクトをKickstarterに投稿したザック・ブラウンは最近 Redditで発言した。「10ドルという目標は保守的だとは思っていました。人々はきっと半分不条理なところに魅力を感じて一丸になっているのかもしれ ません。ポテトサラダによけいな議論は不要で、それが皆を団結させるのです」

確かにそうかもしれない。しかし本質はサラダではない。アメリカ人は内容が無いことでも結束してしまう。得にポピュラーカルチャーに関するものは、人々の 注目を集める力を持っているようだ。例えば、デトロイト再建に実際貢献するかどうか微妙な「デトロイトにロボコップ像を建てよう」プロジェクトなどがそう だ。

このKickstarterプロジェクトが目標としていた5万ドルを集めてから3年が経過したが、デトロイトはまだ多くの支援を必要としている。 … 少なくともロボコップ像など全く必要ではなかったのだ。幸い、この銅像はまだ建設されていないらしい(だが間もなく建設されるようだ)。しかし、これはこ のクラウドファンディング・サイトとその使われ方が根本的に変化してきていることの表れでもある。

このような変化はどんなベンチャーにも起こりうる問題でもある。


まだ始まりに過ぎない
アヒル口を世に流行させたアプリ、インスタグラムは今ではForesquareとマフィア抗争が合体したようなアプリになっている。ジャスティン・ビー バーに対する脅迫状や、他に発散する場所のない変わり者たちが横行している状況だ。もともとインスタグラムは違う目的、ポッドキャストの発見をより簡単に するために作られたものだ。かつては自主製作のジャーナリズムやビデオゲームといった試みに対する救済者であったはずのKickstarterも、今では 皮肉とノスタルジーだけの金食い虫になってしまっている。

Vergeが指摘するとおり、Kickstarterの最新の利用ガイドラインではくだらないプロジェクトも歓迎しているようだ:

「以前Kickstarterは各プロジェクトを事前にきちんと審査していたが、今では無干渉のアプローチを採用している。個々のプロジェクトは会社の承認を得ずに公開されることができ、ただしその後Kickstarterはそれらを強制終了する権利を持っている」

このルールのおかげで問題のポテトサラダのプロジェクトをはじめ、ヴェロニカ・マーズの主演映画、ザック・ブラフの主催する映画、いずれフェイスブックに 利益を生むとされるバーチャルリアリティー・ヘッドセットOculus Riftなど、さまざまなプロジェクトが存在する。

アメリカの資本主義が落ち着き経済が成熟するほど、我々アメリカ人はいくらでも自由に自分の稼いだお金を適当なKickstarterに投げ込んでくだら ないプロジェクトを応援したり、スターバックスでおいしいハーフ・モカ・ラテでも飲みながら他人がいかに無駄遣いをしたかを嘲笑するコメントをアップルの iPhoneを使って入力できるようになる。

その自由自体に問題はない。しかし、4万ドルもの大金をポテトサラダにつぎ込むのはさすがに馬鹿げている。それこそChrityWatchのような徹底的 に研究されもっと高貴な目的のために、それは向けられるべきではないだろうか。つまり多くの意義あるプロジェクトが無視され資金調達に悩んでいる一方でく だらないプロジェクトにお金を入れることに、我々は道徳的責任を感じないのだろうか。特に収入の格差が広っている今のような状況の中で、経済的資源を無駄 にしてどうするのだろう。

子供たちに読書の楽しさを伝えるかつての人気テレビ番組「Reading Rainbow」の司会者兼プロデューサー、レヴァー・バートンが最近Kickstarterで同番組の復活資金を募集したところ、12時間以内に100 万ドルを突破し記録的な成果を上げた。しかし、これによって多くの人がKickstarterのプロジェクト提案を詳しく読んでいない、ということが分 かった(子供の読解力の向上を目指す番組だけにこれは実に皮肉である)。このプロジェクトではReading Rainbowのテレビへの復活ではなく、インターネットでの放送を目指していたのだ。

にもかかわらず、インターネット市民たちは単にレヴァー・バートン(多くの人はSFテレビシリーズ、スタートレックのジョーディ・ラ=フォージとして知っ ている)とReading Rainbowのテーマ曲を聴いただけで、とっさにこのプロジェクトへの支援を判断したのだろう。

まだポテトサラダのプロジェクトが終了するまで24日もある。ブラウンはクラウドファンディング先駆者たちの批判をものともせず、次なる「チャレンジ目 標」を掲げてKickstarterページを無謀に更新し続けている。最近ではポテトサラダを作る工程を生中継で視聴できる権利(1000ドル)や、支援 者への感謝を伝えるビデオメッセージ(1200ドル)、さらには巨大ポテトサラダ・パーティーを開くための会場を借りる(3000ドル)目標などがあげら れている。

今のところ、このポテトサラダ・プロジェクトにはKickstarterではお約束のTシャツはまだ見当たらない。

残念ながら、今のアメリカにはポテトサラダくらいがお似合いなのかもしれない。        

サイバー攻撃、5倍に急増 昨年度 政府機関標的508万件

政府は10日、サイバーセキュリティーに関する年次報告を決定した。これによると、日本の政府機関を標的にした平成25年度のサイバー攻撃は約508万件 に上り、約108万件だった前年度に比べ5倍に急増した。6秒に1回のペースで検知される攻撃回数に加えて、手口も巧妙化しており、サイバー攻撃の脅威は 急速に拡大している。

 金融や交通、電力、医療など民間の重要インフラ分野に対するサイバー攻撃も増加しており、政府の情報セキュリティセンター(NISC)に報告された25年度のサイバー攻撃は133件と、こちらも前年度の2倍近い件数となった。

 サイバー攻撃をめぐっては中国や北朝鮮の政府機関による関与が指摘されているが、発信源の特定が難しく、対処できなければ甚大な被害を生じさせる。その ため政府は昨年12月に策定した国家安全保障戦略で、サイバー攻撃への対応能力強化を図るとともに、関係国と情報共有を拡大し、サイバー防衛協力を推進す ることを明記している。

 政府は10日、情報セキュリティ政策会議を開き、菅義偉(すがよしひで)官房長官は「対処能力強化は喫緊の課題だ」と強調。宇宙や原子力関連の独立行政法人へのサイバー攻撃対策についても政府機関並みに強化する方針を確認した。

 政府は2020年東京五輪の開催を見据え、政策会議を法制化し平成27年度にも「サイバーセキュリティ政策会議」に格上げする方針をすでに決めている。

野々村、塩村、小保方… Google、上半期に話題になった検索ワードを発表

Googleは7月11日、2014年上半期(1月1日~6月30日)に話題となった検索ワードトップ10を発表した。

これは、検索数が急上昇したキーワードで、その時々のニュースや話題、流行を反映している。

第1位は、今も熱戦が続く「ワールドカップ」。また、2位には「ソチオリンピック」が入り、スポーツの国際大会に対する注目度の高さが見てとれる。

3位はフィギュアスケートの羽生 結弦選手。ソチオリンピックで金メダルを取ったことは記憶に新しいことだろう。

ほかに個人名では4位の「小保方晴子」、6位の「野々村竜太郎」、10位の「aska」など、あまり良いイメージのないニュースで話題となった人が並ぶ。 そんな中で9位の橋本環奈さんは「天使すぎるアイドル」として、昨年からの勢いそのままにトップ10にランクインを果たした。

5位の妖怪ウォッチは、子供に人気のRPG、アニメ。また、8位のマレーシア航空は、3月にマレーシアから北京に向かう途中で消息を絶ち、現在も機体が見つかっていない。

2014年7月9日水曜日

写真ツイートのために危険な場所に行かないで Twitterが呼びかけ

大型で非常に強い台風8号が日本に近づき、気象庁が沖縄に「特別警報」を発表した中、Twitterが公式アカウントで「暴風雨になると思われる地域の皆さま、写真付きツイートのために危険な場所に近づかれることはおやめください」と呼びかけています。

 これまでにも豪雨の際など、現場に居合わせた人がそのすさまじさを写真付きのツイートで伝えることはありました。しかし災害の危険性が高まっている場合は身を守ることが優先です。身の安全が確保されている場所でツイートするよう、Twitterは注意を促しています。

 台風は沖縄を通過した後、九州に接近し、本州を通過するおそれがあります。身の安全を第一に行動しましょう。(レステルぶろぐ)

運転手がいない「グーグルカー」 事故が起きたときの責任は?

ハンドルもアクセルも、ブレーキペダルもなし。目的地を入力して、「運転」ボタンを押すだけで行きたいところまで運んでくれる――。そんな本当の意味での 「自動車」が現実のものとなる日が近づいているようだ。米グーグルはこのほど、2009年から開発している「自動運転車」の試作車を初めて公開した。

報道によると、グーグルの試作車は、ルーフの上に搭載したセンサーやカメラで周辺情報を集めて、人工知能を備えたコンピューターが走行を管理する。2020年の実用化を目指して、この夏から走行実験を開始するという。

気が早い話かもしれないが、もしこのような自動車が事故を起こしたら、被害者は誰に損害賠償を請求することになるのだろうか? 乗車していた人?メーカー?それとも・・・?ロボットをめぐる法律問題にくわしい小林正啓弁護士に聞いた。

●「完全自律運転自動車」の場合、メーカー責任を問うしかない

「自動車が人身事故を起こした場合、ドライバーは原則として、被害者に対する責任を負うことになっています。そのため、自動車損害賠償法に基づいて、自賠責保険への加入が義務づけられているのです。

自動車と人間を共存させるため、政策的に被害者保護を厚くしているといえるでしょう」

小林弁護士はこのように、自動車事故に関する制度について説明する。

「ただ、自賠責保険の賠償額は十分なものではありません。それ以上の賠償金を得るためには、被害者がドライバーの過失を証明する必要があります。この証明は、ケースにもよりますが、それほど難しいものではありません」

では、自動運転の場合はどうなるのだろうか。小林弁護士は、グーグルカーのように全自動で走行する「完全自律運転自動車」の場合について解説する。

「自動車損害賠償法は、ドライバーのいない自動車を想定していませんから、そもそも『完全自律運転自動車』が起こした事故には適用されません。

ですので、人身事故を起こした場合、ドライバーではなく、自動車メーカーの責任を問うことになります。

その場合、被害者は製造物責任法(PL法)に基づいて、自動車の欠陥を立証しない限り、損害賠償を請求できないのです。欠陥を裁判で証明することは、実際にはきわめて困難でしょう」

たしかに、自動車そのものの欠陥を指摘するのは、技術的な知識の乏しい一般の人にとっては簡単ではなさそうだ。

●事故率は大幅に低下するので、保険料が下がる可能性も

「これでは、被害救済が薄すぎますし、『完全自律運転自動車』の普及を妨げることにもなるでしょう。自動車損害賠償法の改正や、自賠責保険制度の改定が不可欠です。

しかし、自賠責保険が完全自律運転自動車に適用されるとしても、被害者はドライバーの過失を立証することができないので、自賠責保険の賠償額以上の賠償金を取ることが困難になってしまいます。

これでは、『完全自律運転自動車』にひかれた場合、これまでの自動車と比べると賠償金額が低くなってしまいます」

なるほど、法改正がなければ、悪影響が出てしまうということだ。

「『完全自律運転自動車』の実用化が実用化された場合、賠償金額が低くならないために、自賠責保険では、これまでの自動車よりも高い賠償金が設定されるでしょう。

ただし、事故率は大幅に減ると予測されていますので、保険料は下がるかもしれません」

どうやら自動運転車の実現のためには、保険制度を変える必要があるようだ。ただ、現実的には、グーグルが目指しているような「完全自動型」ではなく、人間 が人工知能のサポートを受けて運転する「半自動型」の方が現実的だろう。「半自動型」にはどんな法的課題があるのだろうか。

3DSでも「ドラゴンクエストX」が遊べる!「ドラゴンクエストX オンライン」9月に発売

スクウェア・エニックスは、ニンテンドー3DS「ドラゴンクエストX オンライン」を9月4日に発売する。価格は3,800円(税別)。CEROレーティングはA(全年齢対象)。


 3DS版では、株式会社ユビタスによるクラウドゲーム技術を使用することにより、他機種版と遜色のないプレイ感覚を実現。3DSならではの手軽さで、Wi-Fiに繋げばいつでも「DQX」の世界で冒険できる。音楽も臨場感あふれるオーケストラサウンドを実現。

 もちろん、すでに他機種版でプレイしているプレーヤーと同じ世界でプレイできるので、Wii版、Wii U版、Windows版のプレーヤーと一緒に冒険を楽しむことも可能。3DSでは他機種版より使用可能ボタン数が少ないため、タッチスクリーンでそれを補 う形になっているようだ。また、ゲーム画面の画質は通信環境によって異なる。

 商品パッケージには、専用アプリダウンロード番号と60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカードがセットされている。3DSカードは付属せず、ゲームソフトはダウンロード番号と引き換えにダウンロードする。

【特典アイテムコード内容】

・レモスラボードプリズム

 プレーヤー専用の乗り物である「ドルボード」をレモンスライム風の見た目に変更できるアイテム。

 ※レモスラボードプリズムを使用するには、ゲーム内で「ドルボード」を入手し「ドルボードカスタム屋」に行く必要がある。

・経験値の古文書・大 5個

 ひとつ使うとすぐに経験値1,000ポイント以上が獲得できるアイテムの5個セット。

・カジノコインチケット金 1個

 ゲーム内の「カジノ」で遊べる「カジノコイン」1,000枚と交換できるアイテム。

※各アイテムコードは1アカウントにつき1つのみ使用できます。

1アカウントで同じ特典アイテムを複数コード分手に入れることはできません。

【ふくびきカード】

 「ふくびきカード」は下記のいずれかのアイテムコードが手に入る空くじなしの“リアル”ふくびき券となっている。

・ちいさなメダル 100個(「ドラゴンクエスト」シリーズでおなじみ、貴重なアイテムと交換できるメダル)

・メタキンのコイン 3個(ゲーム内「魔法の迷宮」にて「メタルキング」と戦えるアイテム)

・ふくびき券 30個(ゲーム内でさまざまなアイテムが当たる抽選券)

・ドルセリン 30個(乗り物「ドルボード」を動かせる燃料アイテム)

・まほうのせいすい 30個(MPを回復できる、冒険には欠かせないアイテム)

・うまのふん 99個(ゲーム内で作物を栽培できる「畑」で肥料にしたり、道具を強化する錬金に使えるアイテム)

 また、3DS版の利用料金は、3日間利用券が350円、10日間利用券が650円、30日間利用券が1,500円(いずれも税別)となる。他機種版でプ レイしているゲームデータでもプレイ可能だが、すでに他機種版で月額利用料金を支払っている場合も、ニンテンドー3DS版のプレイには別途利用券が必要と なる点には注意。

有名人への「無断撮影」きゃりー、海老蔵、有吉…続々被害! 法律的にはどうなの?


有名人のプライベートを無断で写真撮影し、ツイッターなどへ投稿する行為が多発している。

 一般人による撮影のみならず、訪れた店の従業員が「流出」させることもある。これらの行為には、どのような問題点があるのか。IT関連に詳しい弁護士に聞いてみた。

■パブリシティー権、肖像権、プライバシー権侵害の恐れ

 有名人への無断撮影は、この1か月間でも頻発している。きゃりーぱみゅぱみゅさん(21)は2014年6月15日、買い物中に無断撮影されたと告白。無 断撮影のツイートを引用し、「こうゆう人には塩対応(編注:そっけない対応)だよ。写真も断ったのにさ」などと非難した。

 21日には市川海老蔵さん(36)が新大阪駅で年配の女性から「許可なく携帯でパシリ」と撮影されたと明かし、有吉弘行さん(40)も22日の 「SUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で、飲食店で年配の男性から無断撮影されたと明かした。7月4日にはダレノガレ明美さん(23)も「電車で盗撮されて Twitterに載せられた。犯罪ですよ!」とツイートしている。

 IT関連法務に詳しい「カクイ法律事務所」の石井邦尚弁護士に話を聞くと、無断撮影は「プライバシー権」や「パブリシティー権」、「肖像権」などに抵触 する可能性があるという。プライバシー権は私生活をみだりに公開されない権利、パブリシティー権は肖像などが持つ経済的価値を保護する権利、肖像権は肖像 そのものが持つ権利だ。
「公益目的」なら許される場合も
 公の人については、学者によって一定の程度でプライバシー権などを放棄しているとする見解もあり、

  「原則では肖像権侵害になるようなことでも、『公益目的』といったことがあれば許される」

といった「例外」がある。有名人は言動が世の中に影響することなどもあり、一般人よりもその例外に当たりやすいが、食事中など「完全に誰が見てもプライベートだとわかる状態」の場合には、公益目的とは考えられず、プライバシー権侵害などにあたる可能性が高いという。

 「路上を歩いているのを撮られた」のと、「お店の中でプライベートな時間を過ごしているときに撮られた」のでは、プライバシー権侵害などについての判断は違ってくる可能性があるが、「ケースバイケースで見ていくしかない」と説明する。

 パブリシティー権とは、人格が持つ「顧客吸引力」の経済的価値を保護する権利だ。有名人の知名度が上がると、氏名や肖像だけでも商品価値を持つ。宣伝に 使えば、顧客を集め、商品価値を高めるなどの経済的効果がある。そのため無断撮影した写真を、自分のブログで気楽に掲載したりすると権利侵害となってしま う場合がある。パブリシティー権が有名人だけに認められている一方、肖像権はだれにもある。一般人でも無断撮影されて、正当な目的なく写真を拡散されれ ば、肖像権の侵害にあたる。

 街で偶然、有名人をみかけると、ついうれしくなって写真撮影などしがちだが、基本は相手が一般人でも有名人でも、嫌がられない行動を心掛けるということに尽きるようだ。

ベネッセHDの原田泳幸会長兼社長が緊急会見へ、顧客情報漏洩で

通信教育大手のベネッセホールディングスは9日、午後5時から東京都中央区のホテルで、原田泳幸会長兼社長が出席しての緊急会見を開催する。子会社のベ ネッセコーポレーションの顧客情報が外部に漏洩(ろうえい)していることが確認されたためで、ベネッセコーポレーションの小林仁社長も出席する。

教育事業などを手がけるベネッセコーポレーションは9日、通信教育のサービスを利用している子どもや保護者の名前や住所のほか、電話番号などの個人情報、 合わせて760万件が外部に流出したことを確認したと発表しました。会社側は、流出した個人情報は最大で2070万件に上る可能性があるとしています。

2014年7月8日火曜日

内閣府の公式Twitterアカウント、スパムを誤投稿 「申し訳ない」

防災関連情報をつぶやく内閣府・防災担当の公式Twitterアカウント「@CAO_BOUSAI」が7月5日、スパムツイートを投稿し、その後、削除し た。意図しないスパムツイートを投稿するスパムアプリを、担当者が誤って認証してしまったためとみられ、「大変申し訳ありませんでした」と謝罪している。

 5日午後、同アカウントが「AKB48ノコギリ襲撃事件の被害者 川栄李奈が傷跡を公開し、話題に!! 画像を見る⇒(URL)」と書かれたツイートを投稿。その後、該当のツイートを削除し、「【お詫び】先ほど内閣府防 災とは関係のない内容のツイートが当アカウントから流れてしまいました。大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 誤って投稿されたツイートは、Twitter連携アプリから自動で投稿されたもののようだ。担当者がスパムツイートのURLをクリックし、アプリ連携を不用意に認証してしまったことで、スパムツイートが自動で送信されたとみられる。

 同アカウントはTwitterの認証マークが付いた「認証済みアカウント」で、11万6000人にフォローされている。

【PR】結婚式景品

スマホ版『アイドルマスター SideM』の事前登録が再開

バンダイナムコゲームスは、スマートフォン/フューチャーフォン向けゲーム『アイドルマスター SideM』の事前登録を再開しました。


『ア イドルマスター SideM』は、アイドル育成ゲーム『アイドルマスター』の男性オンリー版。アイドルの性格や雰囲気が伝わるセリフが多く収録されているのも特徴で、弁護 士やパイロット、自衛官、医者などの職業に就いていた彼らが、それぞれワケあってアイドルに転身するという作品です。

この設定だけでも十分話題となった本作ですが、それだけにサービス開始を待ちわびるユーザーが多くいる作品であります。

当初は2月28日に正式サービスを開始しましたが、想定を超えるユーザーからのアクセスが殺到し、その負荷によりサーバートラブルが発生。また不具合も確 認されたため、同日メンテナンスが実施され、正式サービス再開が延期となりました。その後、2度延期が発表され、今現在は「システムを抜本的に見直した改 修作業」という理由で夏にサービス再開が予定されています。

その発表が行われたのが3月末で、3ヶ月近く音沙汰がありませんでしたが、ついにスマートフォン版の事前登録が再開。事前登録にて「俺様系アイドル 天ケ瀬冬馬+」(レア度R+)がサービス再開時にプレゼントされます。

なお、サービス再開時期に関しては、今夏サービス再開予定のままですが、進展ありということで朗報といえるでしょう。

■事前登録再開受付期間(SP・FP共通)
2014年7月7日(月)~サービス再開の前日17:59まで

※前回の期間(2014年2月23日~2月26日)事前登録を行ったお客様は、現在も登録状態となっておりますので、再開後の再登録は不要となります。
※2014年2月28日に、事前登録を行わずにプレイされていたお客様は、今回の再開にて事前登録が可能です。
※サービス再開時のプレイデータに関する詳細は、必ず公式HPをご確認ください。

「スカパー!」の障害が復旧 各種手続き可能に

スカパーJSATが運営する多チャンネル放送サービス「スカパー!」で6月下旬から続いていたシステム障害が7月7日午前9時までに完全に復旧し、契約内容の変更や解約などの各種手続きができるようになった。

 障害は、6月16日~21日にかけて行ったシステムメンテナンスの後に発生。電話やWebサイトを含むすべての窓口で、契約内容の変更や解約などの手続きができなくなっていた。当初発表していた再開予定日時に復旧できず、障害が長引いていた。

 6月末で解約を希望していたユーザーは、7月に申し出た場合も6月末の解約で受け付け、7月の請求分は後日、請求金額から差し引く。(レステルぶろぐ)

【PR】業務用洗剤

2014年7月6日日曜日

ニトロプラスが二次創作のガイドラインを改定 「委託禁止」「200個以内・10万円未満」に賛否両論

ゲームメーカーのニトロプラスが、同人誌やグッズ、フィギュアといった二次創作についてのガイドラインを改定し、その内容に注目が集まっています。ページ の最終更新日を見るかぎり、6月2日にはすでに公開されていたようですが、最近になってネットユーザーがこれを発見し、一気に拡散されました。

 今回のガイドラインで注目されているのが、「非営利的な二次創作活動」のラインを明確に定めている点。ニトロプラスは基本的に、非営利である限りユーザーの二次創作活動を許容する方針ですが、具体的には次の5項目を満たすものを「非営利活動」と見なしています。

1:創作性があること
2:直接販売であること
3:販売数量の総累計数が200個以内であること
4:売上予定額が小規模(10万円未満)であること
5:その他、絶対的禁止事項に該当しないこと

 ポイントは2~4で、逆に考えれば「委託やオークションなどでの販売はNG」「販売数量が200個を越える場合はNG」「売上予定額が10万円以上の場 合もNG」ということ。一部例外もありますが、これを越えた場合は「営利的な二次創作活動」と見なされ、別途法人版権許諾を得る必要があるとのことです (そのほか、詳細についてはガイドラインを参照)。

 ネットではこれに対し、「制限があるとは言え二次創作を許容してくれるのはありがたい」「よく考えられたガイドライン」と評価する声もあった一方、 「200個以内・10万円未満」という線引きについては「厳しい」「大手サークルはほぼ影響を受ける」と不安がる声も。マンガ配信サイト「Jコミ」代表の 赤松健さんも「極めて優れた案」としつつも、それだけに「他社も追随して業界標準になりかねない」とTwitterで懸念を表明。二次創作を認める「同人 マーク」を提唱するなど、既存のコミケを守ろうとしていた立場から、「できればこの『勢い』を削がない方向性でのガイドライン設定を各社に望みます」とコ メントしていました。(レステルぶろぐ)

高校の遠隔授業、容認へ…少子化・過疎化に対応

少子化や過疎化に対応するため、文部科学省は、高校での情報通信技術(ICT)による遠隔授業を認める方向で検討を始める。

 現在は通信制高校などを除き、原則として行われていない。4日午後に始まる同省の有識者会議で、有効な取り入れ方や課題などを年内にまとめ、文科省令などを改正して早ければ来年度からの実施を目指す。

 同省によると、テレビ会議システムなどを利用した遠隔授業は、通信制高校以外は通学が前提として、研究開発指定校や不登校生徒への特別対応などを除き認 められていない。しかし、過疎化が進む離島や山間部などでは、必要な教科を教える教員を確保できず、専門外の教員が教えているケースも出ている。

 有識者会議では、研究開発学校の指定を受けて遠隔授業を取り入れている高校や、既に遠隔授業が認められている大学での実践を検証し、高校での指導方法な どについて検討する。遠隔授業には、教室で実際に行っている授業を遠隔地に同時配信し、質疑応答もできる「双方向型」や、録画した授業を生徒がインター ネットなどを通じて好きな時間に視聴できる「一方向型」がある。同省は、将来的には過疎地に限らず、海外にいる有名講師の授業をテレビ会議システムで受け るなど、教室での対面型でなくても学習効果が上がる遠隔授業の方法も探る方針だ。(レステルぶろぐ)

総務省がSIMロック解除を義務化へ ── 各種割引制度はどうなる?


 総務省は、携帯キャリアが施している「SIMロック」の解除について、2015年度を目処に義務づける方針を明らかにしました。SIMロックおよびその解除とはどういうことなのか、義務化されるとなにが変わるのかなどについて見ていきましょう。
囲い込みの抑制と市場競争の活性化に向けてSIMロック解除を義務化
日本で市販されている大半の携帯電話やスマートフォンには、携帯キャリアによって「SIMロック」と呼ばれる制限がかけられています。端末を利用するには 固有のID番号を付与した「SIMカード」を挿す必要がありますが、SIMロックとはこのSIMカードを他キャリアの端末に挿しても使えないようにする制 限のことです。

 日本では製造メーカーからキャリアが端末を買い取って販売する方式を採用しており、時には代理店へインセンティブを支払って端末の値下げを行います。し かし、低価格で購入して別のキャリアで使われてしまうと意味がないため、ユーザーを囲い込む意味でもSIMロックが施されてきました。

 そして今回、6月30日に開催された総務省「ICTサービス安心・安全研究会」の「消費者保護ルールの見直し・充実に関するWG(第7回)」において、 携帯キャリアに対するSIMロック解除の義務づけが指摘されました。この背景として「中間取りまとめ(案) (http://www.soumu.go.jp/main_content/000300649.pdf)」では、現在のモバイル通信市場は主要事業者 が3グループに集約され、既存利用者の取り合いや囲い込みの競争ばかりが激しく、協調的寡占の色彩が強いという現状が挙げられています。

 そんな中、SIMロック端末は通信サービス契約終了後の用途が著しく限られたり、海外渡航時に現地のSIMと差し替えて使えないため利用者の自由な選択 を妨げ、利便性を損なっていると指摘。他キャリアへ乗り換える際に新端末を購入する必要が生じることから、スイッチングコストが押し上げられて競争を阻害 する要因となる、新規顧客獲得時における多額のキャッシュバックの一因にもなっている、といった意見もあります。

 また利用者に対して、端末の割賦代金支払額に相当する月額通信料金の割引や多額のキャッシュバックが提供されていることが、携帯キャリア間の競争を歪め るとともに、キャッシュバックによる顧客獲得が困難なMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)の新規参入・成長を阻害する点で問題になるとの意見も出ていました。

SIMフリーなら端末を買い換えずに携帯キャリア変更が可能
 実は、総務省では2010年6月に「SIMロック解除に関するガイドライン(http://www.soumu.go.jp/main_content /000072467.pdf)」を策定し、携帯キャリアによる主体的なSIMロック解除の実施を求めていました。しかし、取り組みの状況が限定的である ことから、義務化に踏み切る方針を打ち出したのです。今回は、携帯キャリアがSIMロックの解除を拒否した場合、電気通信事業法に基づく業務改善命令を出 せるような仕組みも検討するとのこと。これらはあくまでも中間取りまとめの段階ですが、具体策を詰めた上で2015年度にも実施される予定です。

 SIMロック解除が義務化されると、一般ユーザーにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、現在はキャリアを変えるために端末まで買い換え る必要がありますが、SIMフリーなら端末を買い換えずにキャリア変更ができるようになります。現在のところ、各キャリアにおけるネットワーク品質やプラ ンの価格にほとんど差が見られませんが、総務省の狙いのひとつであるMVNOを含めた純粋な市場競争が進めば価格が下がり、端末はそのままでキャリアだけ 変えることにメリットが出てきそうです。また、旅行や出張などで海外へ行く際、SIMフリーであれば現地のSIMカードを挿すだけで使えるという特徴もあ ります。

各種割引制度がなくなる可能性など手放しでは喜べない事情も

 ただし、SIMロック解除の義務化は手放しで喜べるわけではありません。たとえば、前述のような端末の割賦代金支払額に相当する月額通信料金の割引や、 多額のキャッシュバックが提供されているのは、このSIMロックがあったからこそ。実際、SIMフリーが標準の海外諸国では当然ながらこうした割引制度が ないため、ユーザーは端末代金の全額を一括もしくは分割払いで購入しています。場合によっては、最新機種を購入すると従来よりも全体の価格が高くなる、と いった状況が出てくる可能性も否定できません。

 今までさまざまなプランを打ち出してきた日本の携帯キャリアですから、おそらくSIMロック解除の義務化が実施された後も、ユーザーを囲い込むために何 らかの策を講じてくるとは思います。しかし、それが実際どのような内容になるかは携帯キャリア次第。これを機にMVNOへ移行するのもひとつの手ですが、 まずは携帯キャリア各社の動きに注目したいところです。

Google、AdWordsポリシー改訂で新ポリシー違反ポルノ広告を非表示に

米Googleが、3月に予告していたAdWordsポリシーの改訂を発効し、ポリシーに違反するポルノ広告を表示しなくなった。米CNBCをはじめとする複数のメディアが報じた。

 Googleは以前から児童ポルノなどに関連する広告は承認していないが、今回の改訂で承認しないコンテンツの範囲が拡大された。新しいAdWords ポリシーでは、露骨な性的表現を含むコンテンツ(性器、肛門、口腔を使用した性的行為、ハードコアポルノ、マスターベーションなどの性的刺激を目的とした 性的描写の宣伝)など、掲載が許可されない広告の種類と、広告が承認されなかった場合の対処方法などが明示された。

 新ポリシーに違反する可能性のある現行広告の広告主に対しては、新ポリシー発効前に広告を修正するよう促すメールが送られていた。

 なお、ポリシーに違反する広告は表示されないが、性的描写を含む検索結果が表示されないわけではない。例えば「エスコートサービス」を検索すると、関連サービスの広告は表示されないが、検索結果にそうしたサービスを提供する企業のサイトへのリンクが多数表示される。

 Googleの検索結果では最近、「ロリ」を含む検索の結果に変化があったが、数日後元に戻り、現在もその原因は不明のままだ。

放送3分前にして2万件を超えるコメント 「美少女戦士セーラームーンCrystal」第1話ニコニコ生放送で放送

90年代に大ブームを巻き起こしたアニメ「美少女戦士セーラームーン」の新作「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第1話が、7月5日にニコニコ 生放送で放送された。セーラームーンファンの期待は放送開始前からすでに高まり、放送3分前にして2万件を超えるコメントがついた。

 放送が始まると、視聴者からは「おおおおおおおお」などの歓声が。番組放送終了までには述べ約14万4000人が視聴し、13万3000以上のコメントが投稿された(ちなみに「進撃の巨人」の第1話は、約10万人の来場者数だった)。

 番組の終わりに集計されたアンケートでは、「とても良かった」が50.1%、「まぁまぁ良かった」が31.0%、「ふつうだった」が9.1%、「あまり 良くなかった」が5.5%、「良くなかった」が4.3%という結果。セーラームーンの変身シーンがCGになっていたことには賛否両論あり、コメント欄や Twitterが盛り上がっていた。次回放送は7月19日午後7時から。

 なお、パリで開催中のJapan Expo会場ではこの日、この夏上演されるミュージカル「美少女戦士セーラームーン プチテトランジェール」のセーラー5戦士、タキシード仮面キャストが舞台衣装で出演。セーラームーン20th公式Twitterによれば、こちらの会場も 超満員とのことで、海外でもセーラームーンは人気を博しているようだ。

サッカーW杯敗退 「自分たちのサッカー」って何? ネットで“ネタ化”…

「『自分たちのサッカー』って何?」-。サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わった日本代表。ネットで落胆やねぎらいの声が 飛び交う中で、選手が相次いで口にした言葉への違和感が表明されている。人気アニメ映画の「ありのままで」という表現と合わせ、議論は自己肯定のあり方に まで及んでいるようだ。

 「自分たちのサッカーができなかった」-。W杯1次リーグの各試合後、日本代表選手や監督が何度か口にしたこの言葉。残念な結果も影響してか、多くのネットユーザーの心に「引っかかり」を残したようだ。

 「『自分たちのサッカー』の結果がこれじゃないの?」「もうNGワードにしようよ…」(ツイッター)

 こうした声が相次ぐ中、新聞記事をもとに過去の大会で監督や選手が「自分たちのサッカー」という言葉を使った回数を調べたネット記事も登場。さらに、 「会社遅刻の理由は自分たちの通勤ができなかったから」「自分たちの試験勉強ができなかった」といった「ネタ化」も広がっている。

 ◆根拠なき自己肯定?

 もっとも、プレースタイルや戦術を「試合直後に懇切丁寧に説明されても困る」などと、限られた時間内でインタビューに答えている選手たちに同情的な声も ある。また、これまでの日本代表の試合を追ってきたサッカーファンならその“大意”は理解できるものとして、「騒いでいるのはにわかファンだけ」といった 反発も起きている。

 ただ、中には、大ヒットしているディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go~ありのままで~」と絡めて、「『自分たちのサッカー』という言葉は『ありのままの自分が受け入れてもらえる』みたいな甘ったれた言葉」と突き放した意見も根強い。

 もちろん、「自分たちのサッカー」はプレー内容と合わせて分析できるし、「ありのまま」というフレーズは、封じていた自身の力を解放するという物語の文 脈に沿った歌詞だという前提がある。しかし、こうした言い回しに首をかしげる人々が少なくないのは、文脈から離れた根拠の乏しい自己肯定や自己完結が不毛 に映るからかもしれない。

 ◆「自分らしさ」の限界は

 タレントのタモリさんは6月13日に放送されたニッポン放送のラジオ番組で、「腹立つ言葉」として「ありのままの自分」や「自分らしさ」を挙げ、「自分 で自分らしさって言ってどうすんだ」「自分でも自分は分からない」などと主張。この発言を伝えるニュースには、フェイスブックで800以上の「いいね!」 が押され、共感が広がった。

 ネットでは以前から「自分探し」「オンリーワン」といった言葉を懐疑的にみる意見が目立ち、「結局、暗示をかけて現実から逃げて、弱い自分をごまかして るだけ」といった声も上がっていた。一方、「ある程度自分を肯定しないと辛(つら)いだけ」とする反論もある。自己肯定をめぐる議論は個々の生き方にも直 結し、一般論では収まらないのだろう。

 ところで、もし日本代表がW杯で躍進していたら、「アナ雪」と相乗効果で空前の「自分らしく」ブームが起きていたのかも…。敗退は「自分らしく」の“限界”を考えさせたという点で、有意義だったと言えるのかもしれない。いや、負け惜しみではなく。

<LINE詐欺>男女2人が22万円相当被害 全国で相次ぐ

滋賀県警長浜署は5日、無料通信アプリ「LINE」に不正ログインして知人になりすます手口で、同県長浜市内の男女2人が計22万円相当をだまし取られた と発表した。詐欺と不正アクセス禁止法違反の疑いで調べている。大阪府警も4日、この1カ月足らずの間に同様の被害が12件(計約49万円)あったことを 明らかにするなど、似た手口の事件が全国で相次いでおり、各地の警察が注意を呼び掛けている。

 長浜署によると、被害に遭ったのは病院の男性職員(23)と女性看護師(23)。6月26日午後8時ごろ、2人のスマートフォンに同僚の男性医師 (36)の名をかたる人物から、自分が忙しいことをうかがわせた上で「コンビニで電子マネーのプリペイドカードを買うのを手伝ってくれないか」という趣旨 のメッセージが届いた。

 信用した男性は16万円分、女性は6万円分のカードをそれぞれコンビニで購入し、電子マネーを使うのに必要なプリペイドカードの識別番号の写真をLINEで送信。2人は翌日、男性医師と話してだまされたことに気付いたが、既に電子マネーは全額使われた後だった。

 ログインには利用者のIDやパスワード(PW)を入力する必要があり、滋賀県警はその入手方法を捜査。大阪の事件では、複数のサイトで同じメールアドレスやPWを使っている人が被害に遭った可能性が高いといい、府警はPWの使い回しをしないよう呼び掛けている。

 同様の被害は両府県の他、石川県などでも確認されており、警察では、不審なメッセージが届いたら電話などで本人であることを確認するよう注意を促している。

子どもがネット依存症になったら


■ネット依存の中高生が全国に51万8000人

いつもスマホが手放せない子。オンラインゲームやLINE、動画。食事の時も風呂やトイレまで、自転車に乗りながら。

厚生労働省の10万人調査による推計によると、「ネット依存の疑いが強い」とされた中高生は全国で8%(大人の約4倍)、51万8000人にのぼります。高校生の半分がネット依存予備軍だと言う人もいます。

・ネットをやめようと思ってもやめられない。

・やめるとイライラしたり、落ち込んだりする。

・始めると、つい長時間になってしまう。

・ネットのためにリアルの大切な人間関係、学校や部活の活動が台無しになったり、危なくなったりしたことがある。

・ネットにのめり込んでいることを隠すために、大人にウソをつく。

・不安や嫌な気持ちから逃げるためにネットを使う。

このような状態の中高生が、8パーセント、52万人です。

リビングにあるデスクトップ・パソコンを使っていたうちはまだ良かったのですが、スマホが普及し、さらにゲーム機やiPod touchをWi-Fiで使うようになって、状況は悪化していったように思います。

悩んでいる親もたくさんいることでしょう。
■ネット依存は病気か(ネット依存「症」か)・どうすれば良いか

まだ意見は分かれていますが、インターネット依存もアルコール依存と同様に考えるべきとの意見もあります。アルコールの専門病院である久里浜医療センターでは、「ネット依存治療部門」が作られました。

軽い依存は、用もないのにネットにつなぐ、いつもスマホが手放せないといった程度です。親子でネットにつなぐ時間を決めたり、本人に記録を取らせネットのやりすぎを自覚させるなどで改善もするでしょう。
■重度のネット依存

重度の依存は、ネットのために学校を休んだり(不登校になったり)、ネット以外のことは全くしなくなったりします。食事や風呂の時間も惜しみます。外出もせず、運動もせず、満足に食事もせず、昼夜逆転となる子もいます。

親は、勉強しないことで悩み怒り、学校を休んでしまうことで猛烈に悩み怒り、さらにその不健康な生活に頭を抱えます。

家族から見ると、人が変わったように見えます。以前とは目つきが違うと言う親もいます。
■重度のネット依存への誤った対処

この重度のネット依存の段階で無理に、スマホを取り上げたり、ネットの接続を切ると、暴言暴力が出ることもあります。アルコール依存と同様です。ふだんはおとなしい子からは想像もつかない言動が出たりします。

親も混乱し、孤独と絶望に陥るでしょう。
■親の孤独と絶望

子どもの困った状況を、なかなか人には話せません。学校の先生に話したとしても、なかなか理解してもらえないことも多いでしょう。いくら急激に増えたとはいえ、アルコール依存症のようには、社会の理解が深まっていません(アルコールの問題への理解だって低いですが)。

親が、その壮絶な状況をなかなかそのまま話せないこともあるのですが、聞く方からすると、ただのゲーム好きぐらいにしか思えなかったりします(悪気はないのですが)。

でも、ただの酒好き、大酒飲みと、アルコール依存症は違います。重度のネット依存の状態は、ただのゲーム好き、ネットに熱中しているといったこととは、大きく違うのです。

親が良く受けるアドバイスとして、ゲーム機を取り上げろ、スマホの契約を切れ、時間を管理しろ、子どもと約束しなさい、Wi-Fiのスイッチを切りましょうといったものがあります。

子どもとの約束は、最初にスマホやゲーム機を買うときにはとても有効でしょう。取り上げたり、スイッチを切るのも、軽い状態なら効果があるでしょう。しかし重度の依存になれば、そんなに簡単ではありません。

アルコール依存症者の家族に、酒を取り上げれば良いでしょ、それで解決でしょと、簡単に言えないのと同じです。

アドバイスする方も、なんとか力になりたいと思ってはいるのですが、重度のネット依存は、まだなかなか理解してもらえません。親は、アドバイスのようにがんばるのですが、結局失敗し、自分を責め、絶望感を強めます。
■子どもの重度ネット依存への対応

重度のネット依存になると、普通の方法は効きません。だからといって、特別な特効薬があるわけではありません。久里浜病院のようなところへ行けると良いのですが、全国にあるわけでもありません。

親はまず、情報を集めましょう。ネット依存とは何なのか。地元にはどんな支援機関があるのかを調べましょう。周囲の人にも理解してもらい、支援者を作ります。

子どものネット依存の裏に、クラスの人間関係や発達障害など、他の環境的問題や本人の心の問題が潜んでいることもあります。「自分探し」でネットにのめり込む中高生もいます(「自分探し」はなぜ失敗するのか。ネットの私が本当の私?)。

ネット依存は、ネットの問題だけではなく深い根がある場合もあるでしょう。冷静に、もう一度、問題を見直しましょう。

そして、人間関係の修復です。ここまで来る間にこじれた親子関係をほぐし、信頼関係を取り戻しまましょう。

信頼関係が回復し始めると、かえって子は理不尽なことを言うでこともあります。「みんな、おかあさんが悪いんだ!」などと言ってくることがあります。親はとても辛いのですが(客観的事実でもないのですが)、頭ごなしに否定せず、やたらと反論せず、受け止めます(ただし、殴る蹴るの暴力は受け止めてはいけません。逃げましょう)。

子どもも少しずつ変化が生まれるでしょう。ネット依存状態であることの自覚が生まれ、ネットのために失ったことを自覚します。これは、大きな進歩です。そして新たな希望を発見し、医師や教師、スクールカウンセラー、そして家族らの支援者と共に解決の道を歩み始めます。

ここまでくれば、ネット接続の時間制限なども、今度は効果が出ることもるでしょう。

子ども、中高生にとって良いことは、生活に区切りと変化があることです。様々な学校行事、定期試験、入試、そして卒業。本人もしだいに、このままではいけないと感じ始めるでしょう。

学校の活動を上手に活用しましょう。先生との連携も大切です。

しかし、少し意欲が出ても簡単には行動できません。大人たちが、安心感を与えた上で、学校行事や入試を頑張らせるための支援を進める必要があるでしょう。

簡単には行かないかもしれませんが、まずは小さな一歩を進めましょう。幸せを取り戻すために。子どもたちの未来のために。