2014年6月5日木曜日

WWDC 2014でアップルが発表しなかった7つの製品


             アップルによる年に一度のWorldwide Developer Conference(WWDC)も終わって少し時間が経った今頃になると、その熱気と興奮が収まり、今回の発表に関して期待外れだったという声も聞こえるようになる。

確かに今年のカンファレンスでアップルは、開発者と消費者の両方にとって喜ばしい、新しい機能やサービスを大量に披露してくれた。iOS 8には4,000を超える新しいAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)が用意され、「Yosemite」と名付けられたMac OS Xの新バージョンでは、クールで面白そうな新機能が多く搭載されている。また同社は初めて独自開発のプログラミング言語「Swift」をiOS 8開発者用にリリースした。今年後半に予想されるiPhone 6の発売に向け、アプリ開発者にとってはこれから忙しい夏となるだろう。

しかしアップルの発表となると、我々の期待もどうしても大きく膨らんでしまう。ここでは何人かの専門家や消費者、開発者たちの期待にも関わらず、今年のカンファレンスで発表に至らなかった7つの噂を紹介しよう。
1. iWatchなどのウェアラブル端末とフレームワーク
アップルからのiWatch発売については、2年近くも噂されてきた。ライバル達が最近ウェアラブル・テクノロジーに大きく投資しているのを見れば、さす がにアップルもウェアラブル端末に向けた開発キットやフレームワークを用意してもおかしくはない。しかしWWDCの基調講演では、新しいハードウェアの発 表どころかアップル社員は皆一度も「ウォッチ」という言葉すら口にしなかった。

だが今回のカンファレンスでアップルは、将来スマートウォッチを利用するための土台を用意した。新しいHealthアプリとHealthKitフレーム ワークは、今年後半発売される(かもしれない)iWatch用のフィットネス関連のアプリ開発を簡単にしてくれるはずだ。
2. 新型MacとMacBook
アップルがWWDCの場で新しいハードウェアを発表することは過去にもあった。去年はMac ProとMacBookの最新バージョンが発表されている。しかし今年のWWDC 2014ではハードウェアの発表は全くなく、あくまでiOS 8とMac OSX Yosemiteに焦点が当てられた。

現時点で、アップルがどのタイミングでPCのラインアップを更新するかを予測するのは難しい。iPadやiPhoneの発表と同時に行う可能性も考えられるが、ある時点で簡単なプレスリリースと共に突然発表される可能性もありそうだ。        

1 件のコメント:

  1. Making Money - Work/Tennis: The Ultimate Guide
    The wooricasinos.info way you would expect ventureberg.com/ from betting on the tennis matches of tennis is to bet on the player you like most. But febcasino you also need casino-roll.com a งานออนไลน์ different

    返信削除